無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


ごあいさつ

こんにちは、テイジンと申します。
私は高校時代は理系で、独学で「早稲田の政経」に入りました。

 受験には戦略が不可欠

chess_board1

 しかし、受験時代はお金がなかったし、社会を教えてくれる学校の先生に恵まれず、たった独りで格闘していましたほんとに試行錯誤の連続でした。それでも、私なりの方法を編み出して勉強を続けて合格できました。詳しくは「管理人の合格体験記」をお読みください。私の場合、合格できたのは、「戦略勝ち」だったと思います。つまり、歴史を社会の受験科目として選ばずに、全くやったことのない「政治経済」を独学で学んだことが、勝因の大きな要素を占めていると思うのです。

つまり、日本史、世界史は、有名進学校や予備校に凄い先生達がいるので、そういう先生の凄い授業を受けられるラッキーな人たちなら習得も可能ですが、おそらくたった独りで受験勉強して、早慶やマーチに入るのは、かなり難しい。広範な分野を網羅的にかつ体系的に独学で学習することは至難の業です。暗記に次ぐ暗記ですしね。

でも、「政治経済」なら、短期に独学で早稲田合格レベルまで達することが可能です。私が思うにその理由は、よく言われているような「政経は範囲が狭く覚えることが少ないから」ではないと思います。むしろ、もしかしたら真の実力をつけるのなら覚えるべき事項は歴史より多いかもしれません。それでも政治経済が歴史より勉強しやすいのは、多くの事項が原理原則から派生的に体系化されているからです。 それもそのはず、大学で専門的に勉強する政治学、法学、経済学、倫理学、経営学などの基礎の基礎の部分が、高校の政治経済だからです。

政治経済は原理原則の深い理解で成績がアップする

man on green arrow. Isolated 3D image

  政治経済に苦手意識を持つ理由は、この原理原則をつかまえられずに、やみくもに難しい用語を丸暗記しようとするからです。また、教える先生も、制度の原理原則から教えることができないために、派生的に事項を発展させられないからです。みなさんが「政治経済」が苦手なのは、原理原則の部分がとても難しく、あるいは逆にごくあっさりとしか書いていないので、多くの受験生にはとても理解しにくいのだと思います。でもそんなの初めて勉強する人にとっては当然です。

  私は、大学では、国際政治経済を専攻し、1000人近い受験者がいた外務省の国際交流基金の最終面接6人まで残った実績もありますし、難関の司法試験の2次試験まで合格した実績もあります。また、大学受験の個人指導を25年あまりして、多くの受験生を合格させてきた経験と実績があります。ですから、私は政治経済を受験生にわかりやすく教えるために生まれてきたと言っても過言ではありません。そして、どこの大手予備校の講師と比べてもそん色のない経験と実績と実力があると自負しております。

私の教え方は、常に丸暗記を強要するのではなく、原理原則からお話して、様々な制度や社会の動きにそれがどう反映されているかをお話します。制度間の関係や政治経済史のダイナミックな流れもお教えします。また、日常のニュースに「高校の政治経済」がどう関わっているかもお教えします。ここまでやれば、独学でやっても、センター試験、難関私大、一橋などの国立大学の入試でも、十分合格できる実力をつけることができます。

政治経済をやると大学の授業や就職、資格試験などで有利

Lawyer Pensacola

 また、言うまでもありませんが、政治経済は、社会科学系の学部の方は、大学の授業にもおおいに役に立ちます。なぜなら、大学の授業の多くが政治経済で勉強したことを基礎にしているからです。しかも、大学では、この基礎の部分をすっ飛ばしてしまうので、初めて勉強する人たちは、???になってしまうことが多く、大学の成績も悪くしてしまいます。大学の成績が悪いと、いいゼミに入れません。いいゼミに入れないと、いい企業に就職することも難しくなります。このサイトでは、大学に入った後、どうしたらいいのかもお教えします。それから、就職試験の時にも役立ちます。会社の筆記試験の問題の多くが政治経済から出題されるからです。司法試験や公務員試験にも役立つことは言うまでもありません。

 本サイトでは受験生を全面的にバックアップ

ohkumakohdo

  このように、「政治経済」を学んでおくと、いいことばかりです(笑)。ただ、初めて勉強するときには、とっつきにくい、わかりにくい、つまらない、という声を耳にします。ですから、このサイトでは、最高級の情報のご提供だけでなく、なるべく、わかりやすく、楽しく、政治経済をお教えします。どんな順番で具体的に何をしたらよいのかも順にお教えします。キャリア25年のプロ講師の知識とノウハウとテクニックにどうぞご期待ください。政治経済を勉強して志望校に合格して、さらに大学の勉強や就職試験、資格試験にぜひ役立ててください。

 昔の私のように、いい大学に行きたいけど、歴史や地理が苦手でとても無理だと苦しんでいる人、政治経済を始めてみようと思うけど、勉強の仕方がわからない人、いい先生に教えてもらいたいけど身近にいない人・・・、こういう人たちの助けになりたい!この一心でこのサイトを立ち上げました。まだまだコンテンツなどが不十分ですが少しずつよくしていくつもりです。みなさんが豊かな人生を切り開くお手伝いを少しでもできればと願っています。あわせて「管理人プロフィール」、「管理人の合格体験記」をお読みいただけると幸いです。

どうぞ、よろしくお願い致します。

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<




最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています
サブコンテンツ

このページの先頭へ