無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


Q:受験に合格するうえで最も大切なことを教えてください

合格マインド

受験に合格するうえで最も大切なことは、「常に合格を意識すること」です。これを「合格マインド」と呼ぶことにしましょう。私が合格したときには、いつも合格することを考えていました。皆さんは、まだまだ人生始まったばかりだから解らないかもしれませんが、みなさんの1年は、おそらく社会に出てからの10年に相当するほど貴重なものです。また、そのくらいのペースで皆さんは成長していくのです。ということは、1年間一生懸命やった人とそうでない人は、恐ろしい差がついてしまう、ということです。また、1年間一生懸命やれば大概の大学には受かります。ですからこの1年間は一生のうちであの時ほど勉強した時はなかったと思えるほどに勉強しましょう!

常に合格を意識するには

常に合格を意識するには、合格した後に真っ先にしたいことを決めておくことです。これは、自分へのご褒美ということになりますが、ぜひ、合格しなければできないことを決めましょう。例えば、「早稲田に入って、このサークルでバンド活動をする!」とか、「憧れの先輩のいる大学に合格して、受かったら先輩と同じサークルに入る!」とかです。そういう具体的な目標を持っていた方が、モチベーションは維持できます。私の場合は、「外交官になるために早稲田の政経に入る!」でした。また、私の教え子で、「憧れの駅伝選手のいる大学に入って、駅伝部のマネージャーになる!」という人がいました。その人は見事志望大学に入りましたよ!心の底からしたいこと、それは、自分の感情と結びついています。だから、これを想像しただけでわくわくすることにしてくださいね。それが、モチベーションと直結していますから。そして毎日毎日、合格して目指す大学の学生になったあとに自分がもっともやりたいことをしている姿を思い浮かべてください。一日に何度でも、思い浮かべてください。行きたい大学のキャンパスを歩いている自分や授業を受けている自分、仲間とサークル活動を楽しくしている自分などを思い浮かべてください。想像の力は偉大です。想像したことは何でも実現してしまうのです。真剣に想像したことは本当に現実になります。このことについてはまた機会を改めて述べたいと思います。

○○大学合格プロジェクト

合格した後真っ先にしたいことが決まったら、大学ノートを1冊用意しましょう。そのノートの表紙に「○○大学合格プロジェクト」と書きましょう。これは、あなたに課せられた一大プロジェクトです。必ず達成しなければいけないあなたのお仕事です。しかも期限は来年の3月です。「プロジェクト」というからには、計画がなければいけません。計画は長期計画(だいたい1年)、中期計画(だいたい半年)、短期計画(だいたい3か月)の3種類を設定しましょう。そして長期計画には大目標の達成(○○大学合格)、中期計画には中目標の達成(英国社の偏差値を今より10アップさせる)、短期計画には、小目標の達成(全ての問題集を3回まわす)を書きます。そうやって、毎日やる分量が決まってきます。イメージとしては、大目標を達成させるために長期計画があり、またそれを達成するために中目標と中期計画があり、さらにそれを達成させるために小目標と短期計画がある、という感じです。こういう目標と計画を立ててそれを実行することです。ここで注意してほしいのは、必ず数量で計画を立ててください。つまり、小学生にもわかるように、1日問題集何ページ、問題何問やる、と数量で計画を立てるのです。一番よくないのは、「政経を3時間やる」というように時間で計画を立てることです。最初のうちは、問題集を1ページやるのにどのくらい時間がかかるのかよくわからないので、時間で立てているひともいるとは思いますが、なるべく早期に自分のペースを把握するようにして、具体的な分量で計画を立ててください。そうしないと、政経を3時間やっても問題集1ページしか進まない、というようなことになりかねません。そうなってしまうと、長期計画自体が先送り(つまり浪人)ということになってしまいます。ここはぜひ、自分の決めた分量は歯を食いしばっても終えるようにしてください。毎日自己評価をつけるのもいいですね。手帳でもいいですし、この「○○大学合格プロジェクト」のノートでもいいですから、日付と○×をつけるのです。計画通り出来た時には○できなかった時には×とできなかった理由も書いとくといいですね。

計画の修正の仕方

一生懸命やっても計画通りいかない時というのは誰にでもあります。人間ですから思い通り進まないという時もあります。大体は、自分に可能な分量以上を計画しているから起きることです。1日のうちに予備時間を作りましょう。やりきれないものはその時間でやりましょう。ですから、計画は多少余裕をもって立てるべきです。キツキツな計画はうまくいきません。そんな時には、計画を修正しなければなりません。問題はどのように修正するかということですが、一週間ごとに見直すのがいいと思います。そして一日に予備時間を作ったように、一週間目を予備日にしたらどうでしょうか。週六日見当で計画を立て、7日目にそれを見直して、出来なかった場合は、7日目にやります。週六日で予定がぴったり終わってしまっている場合は、7日目は次の週の計画を立てて、あとは自由に時間を使ったらいかがですか?とにかく、なるべく短期で計画に帳尻が合うようにするのがコツです。何日も遅れてしまうようなら、それは最初に立てた分量があなたに合っていない、ということです。あるいは相当怠けていることが原因かもしれません。モチベーションの維持の問題かもしれません。それについては、また機会を改めて述べます。

今日のまとめ

・時間の大切さを知って常に合格を意識しよう

・合格しなければできないことでぜひやりたいことを決めよう

・「○○大学合格プロジェクト」というノートを作り、計画を立てよう

・計画は自分に合った分量を早く見つけて、修正するのは1週間単位でやろう

政治経済合格サポートプログラム

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<



最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ