無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


スランプ

「最近スランプで勉強が手につかない」などと言うのを聞いたことがある。「スランプ」というのは、「成績不振」のことだが、「成績不振」の時ほど頑張らなくてはならないのに「勉強が手につかない」のは困る。でも確かに、自分では頑張っているつもりなのに成績が伸びなければやる気もなくなってしまう。やればやっただけ結果がついてきて欲しいというのは人間の自然な感情だ。私だってそう思うことがある。

しかしそんな時に自分に言い聞かせていることがある。それは、「たいして努力もしないで結果だけを求めてないか?」ということである。野球の3割バッターでさえ、7割は凡打だということである。イチローは、「打席ごとに勝った負けたと騒がない」そうである。大きな結果は小さな努力の積み重ねから生じる。努力しないで結果だけを嘆くのは愚の骨頂というものだ。受験生でスランプに陥った時、私は基本に戻ってすべきことを淡々とやってきた。スランプに陥った時に勉強しなくなるのは最も悪いことだ、スランプに陥った時こそ、基本に戻って努力すべきだ。この世は原因と結果の法則に支配されている。結果を出したいならその原因を作っていくしかない。偶然に頼っていてはだめだ。偶然成功することはあるかもしれないが、そういう成功は不確かで長続きしない。あきらめないで成功に至る原因をひとつひとつ作っていこう。成功に、結果に至る原因とは、受験生なら「勉強すること」である。

これは、おそらく人生の中でもっとも偉大でもっとも単純な真理だと思う。これに気付いた人から成功していく。

 


↑ブログランキングには受験ブログなど熱心なブログがたくさん登録されています

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<



最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ