無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


政治経済センター試験の資料・図表問題の解き方(1)

1.センター試験の資料・図表問題の傾向

資料や図表、グラフを使った問題は、2014年では、昨年の2つから5つに増加しており、今後ますます増加する傾向にあります。この傾向は、倫理・政治経済でも同様です。今年の政経の問題では、昨年と同様、地図を使った問題、需要供給曲線を使った問題が出題されました。また、資料問題では、思考力だけで解ける問題は少なく、一定の知識が前提になっている問題が多いです。

2.出題例

(1).地図を使った問題

 

2014年の第33問、パレスチナ問題についてです。

地図問題の場合、問題文が表す地名と場所の組み合わせで問題が作られることが多いです。
本問もそのタイプの問題で、問題文が、まずどこを表しているかを見極める必要があります。

パレスチナ問題で、国連のPKOに日本の自衛隊が派遣されたのは、ゴラン高原です。
ゴラン高原は、イスラエル、シリア、レバノン、ヨルダンの国境にあります。
日本の自衛隊は、1996年から2013年まで、ここの国連兵力引き離し監視軍(UNDOF)に参加しました。

したがって、アの文は地図中のAの場所と結びつきます。

また、1993年の中東和平合意(いわゆるオスロ―合意)によって、地図中Bの
ヨルダン川西岸地区の一部とCのガザ地区は、パレスチナ自治政府の統治下におかれました。
オスロ―合意に基づき、2008年9月までにイスラエル入植者およびイスラエル軍の撤退が完了しました。

しかし、イスラム過激派ハマースがパレスチナ自治政府の選挙で勝利するとイスラエル側は
態度を硬化させ、2006年6月には、ハマースに拉致されたイスラエル兵を救出するため再び
ガザ地区に侵攻し、以来断続的に戦闘が続いています。

したがって、イの文は地図中のCの場所と結びつきます。

残りのウの文が、地図中のBの場所と結びつきます。よって、本問は、2番が正解です。

ウの文についても少し解説します。
ヨルダン川西岸地区は、パレスチナ人、ユダヤ人が雑居していますが、イスラエルは
パレスチナ人が多く居住している地区を包囲するように2002年から防護壁を建設しました。
この目的はパレスチナ人によるイスラエルに対するテロを防止するものであるとしています。

もう一問やってみましょう。

2013年の第20問です。大衆のデモについての問題です。

 

まず、地図中のAはエジプト、Bはミャンマー、Cはアメリカ、です。

そして、アの文ですが、戦後からずっと軍事政権だったのはミャンマーで、1988年に大規模な
民主化要求デモがおきました。軍事政権のトップだったネ・ウィン将軍が社会主義計画党議長
を退任し、総選挙が行われることになりました。しかし、その民主化要求デモを主導していた
アウン・サン・スー・チーさんは、軍事政権になんと2010年11月まで、22年間も、自宅軟禁
されることになってしまいました。この後、他の多くの民主化運動のリーダーたちも釈放され
ています。ですから、アの文はBと結びつきます

次にイの文の2011年まで30年間独裁政権を維持してきたのは、エジプトのムバラク大統領です。
2010年にチュニジアで始まったジャスミン革命を発端として中東諸国に民主化を求める大衆の
運動が起こり、アラブの春、と呼ばれました。この影響から、エジプトも30年にわたって独裁
政権を維持してきたムバラク大統領も退陣に追い込まれることになりました。
したがって、イの文はAと結びつきます

残りのウの文はCと結びつき、本問の正解は、3番です。

ウの文についても説明します。
2011年9月アメリカの金融の中心地であるウォール街で、20代の若者を中心とする約1000人が
ウォール街を占拠せよ」と呼びかけて、座り込みなどのデモを行いました。この背景には
2008年9月のリーマンショック以来、アメリカも不況に喘いでおり、20代前半の4割に職のない
状態が続いて、経済格差や雇用問題の是正を求めてデモを行いました。

<今日のまとめ>

1.世界の政治経済上の事件や事柄で、地名や国名が出てきたら、地図で確認する習慣をつけよう。

2.アフリカ、中東、東欧、東南アジア、南米など、なじみの薄い地域の事項が特に狙われる傾向があるので、簡単な経緯や事項の背景などを普段から確認しておこう。

次回は、需要供給曲線について解説する予定です。

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<



最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ