無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


論述問題の解き方のプロセスがわかりません

Puzzled...

ご質問:

早稲田大学政治経済学部政治学科志望です。2浪中の仮面浪人です。

政治経済は独学で行い、丸暗記で乗り越えてきました。

そのため、論述問題は何度も目にしたスタグフレーションくらいしか書けません。

今年は理解して覚えるという方針を取ろうとしています。

論述対策は今のところ、一問一答を逆手に取って行っています。

しかし、先生のサイトにも掲載されていた2009年の法学部のような論述問題には独学では歯が立たないような気がします。

先生のサイトに掲載されていた解答のプロセスが載っている教材はございますか。

とても分かりやすく、こういう風に結びつけるのかと実感したのと同時に、早稲田に進んでもっと勉強したいという気持ちになりました!

ここ最近、モチベーションが低下していましたが、また上がってきました!

丸暗記ではなく、理解して覚えていきます。

ただ、そのプロセスをどう踏めば良いかいまいち見えてません…

論述問題にはどのように行っていけば良いのでしょうか。

よろしくお願い致します。

テイジン先生の回答:

Iさん、こんにちは、岩井テイジンです。

現在のIさんの勉強方法として、「逆手に取って」というのが、「一問一答を答えを見て問題を言えるようにしている」、ということであれば、問題ないと思います。ただ、論述問題の対策としては、やはり不十分ですね。そこで、論述問題の勉強法についてお話します。

政経の場合、論述しなければならないのは専門用語の説明がほとんどです。ですから、まず、やるべきことは、政経用語集(「清水書院」のものがいいです。)を読んで、黒い太い字と赤い字で書いてある重要な用語の意味を暗記して言えるようにすることです。これが、できれば、早稲田の論述の対策の6~7割位の部分はOKです。これが出来るようになったら、残りの細い字で書いてある語も全部意味が言えるようにしましょう。

Iさんのご指摘の通り、論述問題は、抽象的な質問の仕方が多いと思いますが、そういう場合は、抽象的な基本概念の理解を訊いている、と思ったほうがいいです。私のブログでご覧になった2009年の法学部の問題については、基本的な概念の理解としては、「自由貿易と保護貿易の対立」ということです。こういう基本的なところをつかまえられるようにしましょう。

この点は、制度や概念の全体的な理解が必要なのです。特に対立概念と、同様の概念や制度の目的、趣旨の理解が必要です。なかなか、論述に至る過程を解説した参考書というものはなくて、それを独学でチェックするのは難しいですが、次善の策としては、お使いの参考書の目次を使って並んでいる基本概念どうしの関係を考えてみて下さい。関係とは、例えば、目的と手段原則と例外などです。

早稲田・政経の2014年の問題に、「憲法が改正の要件として衆議院や参議院の特別多数決を定めているのは何故か?」というような論述問題がありました。憲法96条が、憲法改正の発議をする条件として、衆議院と参議院の総議員の3分の2の特別多数決を定めていることは普通、政経受験者なら誰でも知っていますよね?では、何故、特別多数決を定めているのか?については、あまり考えませんね。実際の入試では、普段考えたことがないことも出題されます。

こういう問題も基本概念、つまり、そもそも憲法は何のためにあるのかという基本原則に立ち返って考えてみましょう!
憲法は、個人の尊厳を守る目的で基本的人権を定め国家が、これを侵害しないようにするため、にあるんですよね?そうすると、時の権力者が、憲法を破壊し好き勝手な政治をして、人権侵害をしないよう、憲法の改正の手続きを厳しくして、改正しにくくした、と言えそうですね。

これを80字くらいでまとめると、「憲法は国民の人権を守るために国家の権力を制限するものであり、権力者が勝手な政治をして人権侵害しないように、改正手続きを特に厳重にして憲法破壊を防ぐため。」(78字)こんな風に書ければ正解です。難しい問題も基本原理などから考えると正解できますよ。

また、制限字数内にまとめられない人も多いですね。まず、問題が要求している字数は完全解を書くための字数だ、ということを、理解しましょう。完全解を書いた場合、だいたい問題の制限字数前後になるはずです。多すぎたり、少なすぎたりするのは余計なことを書いていたり、何かを書き忘れている可能性が高いです。

そこで、解法のプロセスはこうです。

まず、問題を解くうえで、書くべきことを箇条書きにして書き出してみます。そして、接続詞などに注意しながらそれらをつなげてみましょう。つなげる順番もよく考えて、順番の代表例は、原則⇒例外抽象⇒具体一般⇒個別、こんなことに注意してつなげて、字数オーバーなら言い回しを簡略化し、字数が足りないなら、もう少し具体的に書きます。大体、字数制限の90%を目安に書く練習をしてください。これより少ない場合は書き忘れていることがあります。あとは練習あるのみです。

WHAT LIES AT THE END OF THIS RAINBOW?

Iさんは、ご自分の人生をまじめに考えていて、一生懸命勉強なさっているんですよね。強く思えば物事は必ず実現します。自分自身を真剣に見つめて試行錯誤を繰り返して成功に行き着きましょう。

若い時の真剣な努力は後の人生で必ず大きな果実となって戻ってきますので、合格するまで諦めず頑張ってください。また、健康に注意をして日々お過ごしください。

Iさんが早稲田の政経に合格されることを心よりお祈り申し上げます。

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<



最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ