無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


動画で政経 法の支配と法治主義(1)


法の支配とは、イギリスの歴史から生じてきた考え方です。
それは、1215年のマグナカルタから始まります。
当時の裁判官ブラクトンの「国王と言えども神と法の下にある」という言葉は、
法の支配の芽生えが見られます。
また、マグナカルタは貴族の特権を国王に認めさせるものでしたが、
国王の権力を法によって制限しようという発想としては、
17世紀のロックなどの社会契約説にも通じるものがあります。

社会契約説では、国家が出来る前の自然状態を考えます。
目には見えないけれども、自然状態から法が存在していて、その法は
神の法、理性の法であって、人々の自然権を守るものでした。
そして、この法、自然法が存在するという考え方を自然法思想と言います。

では、目に見えない自然法はどうやって見つけるのでしょうか?

実は、裁判の審理の過程が、埋もれている自然法を発見する
過程であり、自然法は、判決の中にあらわれると考えられました。
そこで、この判決が集まって判例法となり、コモンローとなっていきました。
そして、このコモンローに反する法律は、自然法に反し、効力を持たない
と考えられました。

法の支配とは何か、というと、
「立法、司法、行政の全ての国家権力が、人権保障を認めた正しい法に拘束されること」
と定義されます。

法の支配では、単に国会で成立した法という形式面だけでなく、人権保障を認めている法であるという法の内容面も重視します。

それは、法の支配における「法」は、「自然法」に基いていなければならないからです。
つまり、「悪法は法ではない」のです。これは、後で述べる、法治主義との大きな違いです。

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<



最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ