無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


受験政治経済知っ得ニュース12月4日号

みなさん
こんにちは、テイジンです^^

11月29日に
セミナー無事開催できました。
ご来場くださった皆様、
どうもありがとうございました。

ご来場できなかった方のために
有料ですが、音声・資料・特典を
お分けします。

詳しくは、編集後記で。

今週も
みなさんにとって
役立つ情報を発信していきます。

+++++++++++++++++

■■今週の目次■■

1.時事問題NOW

2.センター道場

3.論文道場

4.政経ゴロゴロ

5.編集後記

+++++++++++++++++

■■時事問題NOW■■

このコーナーは、
ぬいぐるみの
ブー子とテッドが、
時事問題について話し合う、
というスタイルで進んでいきます。

ブー子:

こんにちは、ブー子です。

テッド:

こんにちは、テッドです。

ブー子:

テッド今日は何のお話?

テッド:

今日はね、中国の人民元が、
IMFのSDRに採用されることに
なったというお話だよ。

ブー子:

IMF?SDR?何それ?

テッド:

IMFっていうのは、
International Monetary Fund
の略で、

日本語では、「国際通貨基金」
というよ。

通常1年未満の短期資金を国家に貸す
仕事をしている一種の銀行だよ。

それから、SDRというのはね、
Special Drawing Rightsの略語で、
日本語では「特別引出権」というよ。

「特別引出権は」1970年に、
設けられたもので、
イギリスのポンド、
ドイツのマルク(現在はユーロ)、
日本の円、そしてアメリカのドルの
4種類のどの通貨建ての資金でも融資
を国家が受けられる権利のことだよ。

ブー子:

そうかあ、それじゃあ、
そのSDRで選べる通貨に、
人民元が追加で採用されることに
なったってことね?

いつから?
・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~

・さらに詳しく知りたい方は、
http://saykei.com/?p=4304

こちらをどうぞ。

■■センター道場■■

このコーナーでは、
センター試験の過去問から
その解き方や勉強のポイントなどを
お伝えします。

今日は、
2010年度本試験第26問です。

**問題**

資本主義経済に関連する記述として
最も適切なものを、次から選べ。

1.リカードは、雇用を創出するため
には、民間企業の自発的な創意工夫に
基いた技術革新が必要であると
強調した。

2.有効需要政策とは、政府が積極的
に経済に介入し、総需要を創出して
景気回復を図る政策である。

3.リストは、経済を発展させるため
には、規制を緩和して市場での自由な
取引に任せることが必要であると強調
した。

4.ニューディール政策とは、
1930年代の不況期に、アメリカで
導入された金利自由化を基本とする
金融政策である。

**解説**

今回は、経済学説などを問う問題です。

学説史も比較的よく出る問題ですので
準備しておきましょう。

さっそく、問題を問いてみます。

まず、1番です。
リカードは、比較生産費説に基づき
自由貿易を主張しました。
本選択肢の「技術革新」を主張した
のは、オーストリア学派で有名な
シュムペーターです。
ですから、1番は間違っています。

次に2番です。
有効需要とは、ケインズの唱えた
理論の中の中心概念です。

景気を良くするためには、お金を
持った人が欲しいと思う需要が
必要で、これが有効需要です。

有効需要を生み出すことで、
社会の中に波及効果が生まれ
景気が良くなっていきます。

この有効需要を生み出すために
政府は、積極的に経済に介入し
公共事業などをすべきだと主張
しました。

2番の選択肢をみると、まさに
以上説明したことが書いてある
ので、2番は正しいですね。

いちおう、3,4番もみます。

3番は、リストの説明があります
が、間違っています。

リストは、ドイツのような後進国
は、国内の未発達な産業を保護す
るために、保護貿易をすべきだと
主張しました。

本選択肢は、自由市場に政府が介入
すべきでない、という、
アダム・スミスの説をリスト結びつけ
ているので、間違っていますね。

最後に4番です。

ケインズの学説に基づく
ニューディール政策は、公共投資や
失業対策など基本とした政策です。

金利の自由化を基本とする金融政策
では、ありません。
ニューディール政策では、預金金利
などは、厳しく規制されたので、
自由化とは逆の政策をしました。

以上から、2番が、正解です。

経済学説を勉強するポイントは

1.学説の内容
2.唱えた人と年代
3.その人の著作名

です。
ここを押さえておけば、
センターでは大丈夫です。

■■論文道場■■

このコーナーでは、
難関校の過去問などから、
論文問題を解説します。

今日は、2015年度早稲田法
の問題です。

**問題**

近時、
より多様な正社員のあり方が
模索され、これまでのいわゆる
正社員とも、また、
パートタイム労働者などのいわゆる
非正規労働者とも異なる、
「限定正社員」(「ジョブ型正社員、
「多様な正社員」)と呼ばれる働き方
の導入の是非をめぐる議論が活発と
なっている。

こうした働き方の特徴とされるものを
30字以上60字以内で記述せよ。

**解説**

時事問題とも呼べる記述問題ですね。

正社員と非正社員の中間の形態として
「限定正社員」と呼ばれるものの導入
が議論されていますし、一部の企業で
採り入れられています。

実は、この問題は、去年指導した中で
私が作った予想論述問題の中に
ドンピシャリ同じ問題があります。

まあ、的中問題というやつです。

その問題は、
「限定正社員とは何ですか?
60字以内で説明しなさい。」
というものです。

それで、私が作った答は、こうです。

「職種や勤務地などを限定した正社員
のことで、労働条件などにおいては、
正社員と非正社員の中間的な位置づけ
である。」(54字)

もちろん、
私の教え子はみんな出来ました。

ですから、この答としては、これで
いいですよね^^

ポイントとしては、
「働き方の特徴」をちゃんと書く
ということです。

つまり、勤務地や職種の面で限定
されている、というような記述を
することが大事です。

■■政経ゴロゴロ■■

このコーナーでは、
政経で覚えなければいけない事項を
語呂合わせで覚えよう、という考え
で、進めていきます。

今日のテーマは、国税です。

国税(直接税)は、

法人税
所得税
地価税
相続税
贈与税

です。

これはこう覚えよう!

*****************

邦人の所は地下だ、
(法人税、所得税、地価税)
続いて贈るのは
(相続税、贈与税)
酷だぜい。
(国税)

*****************

★★編集後記★★

この間の日曜日の
11月29日に
早稲田大学合格直前セミナー
を行いました。

遠方で来られなかった方、
時間が合わなかった方を
対象に、

有料で、音声と資料、
そして、来場者特典の
「2015~2016
SSP最新時事一問一答式
問題集」
を、お分けします。

メルマガ読者様は、
通常3000円のところ
2000円に割引します。

詳しくは、

こちらにアクセスして下さい。

http://saykei.com/?p=4221

今日はこれでおしまい。

どうぞ、お気軽に
ご意見ご感想を
このメールに直接返信して
お寄せ下さい。

では、次回もお楽しみに!!!      
______________________________

■発行者 :岩井テイジン
■発行者情報 :
http://saykei.com/ssp/?p=13
■お問い合わせ:
http://saykei.com/ssp/?p=337
■ブログ:
http://saykei.com
■個人指導:
http://saykei.com/ssp/
※掲載内容の無断転載・再配布は
固く禁じます。
Copyright(C)
SSP事務局 all rights reserved.
______________________________

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<



最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ