無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


受験政治経済知っ得ニュース3月11日号

みなさん
こんにちは、テイジンです^^

3月も半ばだというのに
東京は今日、雪が舞う予報が
出ていたりして、
春までもう少し、といった感じです。

それでも、先日、近所を散歩していて
サクラのつぼみが大きく膨らんでいる
ことに気づきました。

春になったら何かひとつ新しいことを
始めてみてはいかがでしょう。

受験生だからって、勉強一色の灰色の
生活を送らなくてもいいんですよ。

生活習慣の中に取り入れるだけで
精神の安定にも役立つことを
私も先日始めました。

詳しくは編集後記で。

さて、今週も
みなさんにとって
役立つ情報を発信していきます。

■■今週の目次■■

1.時事問題NOW

2.用語解説コーナー

3.計算道場

4.政経ゴロゴロ

5.編集後記

■■時事問題NOW■■

このコーナーは、
ぬいぐるみの
ブー子とテッドが、
時事問題について話し合う、
というスタイルで進んでいきます。

ブー子:

みなさん、こんにちは。

テッド:

こんにちは。

ブー子:

今日は、どんなお話しなのかな?

テッド:

今日はね、

GDPの第1四半期の改定値が発表されて
2期ぶりに、マイナス成長になった、
というお話しだよ。

ブー子:

どのくらいのマイナスなの?

テッド:

年率換算で、マイナス1.1%だって。

ブー子:

アベノミクスが失敗だったって
ことかな?
・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~

・さらに詳しく知りたい方は、

GDPの改定値が発表されました



こちらをどうぞ。

■■用語解説コーナー■■

このコーナーでは、
難しい専門用語の解説を通して
その構造や本質を理解しよう
ということを目指します。

今日は、

「プログラム規定」です。

「プログラム規定」というのは
憲法25条の「生存権」についての
最高裁判所の考え方ですね。

今日は、これを詳しく説明しようと
思います。

まず、その前に、「権利」というもの
について、考えてみましょう。

+++「権利」とは+++

憲法は、国家と個人の間を規定する法
なので、個人の「権利」というのは
国家に対して主張できるものです。

ただ、「権利」として認められるもの
ならなんでも、国家に注文をつける
ことができる、というものでも
ないんです。

「権利」には、「抽象的権利」、
「具体的権利」というのがあります。

その区別は、その「権利」をめぐる
裁判になったら、裁判官が、その
「権利」に基いて、「~しなさい」と
判決が書けるかどうかなんです。

この「判決が書ける権利であること」
のことを「裁判規範制がある」と
いいます。

「判決が書けない権利」は
「抽象的権利」ということになるわけ
ですが、「~しなさい」という判決が
書けないということなりますよね。

そうすると、裁判を起こしても
権利を実現できないことになり、
裁判所は役にたちませんよね。

そこで、大抵は、「判決が書けない
権利」については、詳しく法律で
権利を認めていることが多いです。

なので、その法律の認めている権利に
基いて、裁判所は判決を書くことに
なります。

+++「プログラム規定」+++

そこで、「プログラム規定」を見て
みると、実は、「プログラム規定」と
いうのは、「抽象的権利」ですらなく
国家の政策の努力目標を定めたものに
すぎない、というものなのです。

朝日訴訟で、憲法25条の
「健康で文化的な最低限度の生活を
営む権利」について、最高裁判所が
「プログラム規定」だと言ったのに
は、実は、理由があるのです。

1960年代当時の日本は、まだ
高度成長期だったので、政府にもお金
がありませんでした。人々の
生活水準も今と比べたらものすごく
低いものでした。

そういう時代に、「生活保護」を政府
に求めても、「ない袖は振れない」と
いうことだったのです。

時代は変わって、現代の生活保護は、
ものすごく、豊かになっています。

例えば、東京23区で、夫婦子供2人
の標準的な家庭が生活保護をもらうと
おそらく30万円くらい貰えます。

もちろん、これには、いろいろな
厳しい条件はありますが、50年以上
前の「朝日訴訟」の時とは、時代が
変わっています。

++最高裁に判例変更ない理由++

それでも、最高裁は、憲法25条の
「生存権」については、いまだに
「プログラム規定」説を変えません。

もしかすると、新たにこういう種類の
裁判が最高裁に持ち込まれたら、
「抽象的権利」ぐらいにはなるかも
しれませんが、今のところ判例変更は
ありません。

これには、理由もいくつかあるの
ですが、1つだけ言うと、
「健康で文化的な最低限度の生活を営
む権利」という「生存権」の内容が
この憲法25条の基準だけを使っては
判決が書けない、ということも理由
です。

つまり、「抽象的権利」説と同じ
理由です。

裁判所には、例えば、東京
23区で夫婦子供2人が1ヶ月生活
していくのにいくらかかるのか、
判断するための、具体的な資料が
ありません。

もし、裁判になったら、
「生活保護法」という法律を調べて
そして、実際に、例えば東京都が月に
いくら払っているか、ということを
東京都つまり行政権から教えてもらい
その基準に基いて、判決を書くしか
できないのです。

裁判官という人は、だいたい月に
一人当たり、300件ぐらいの
裁判をこなさなければなりません。

そして、裁判官は、法律のプロですが
人々の暮らしについてのプロではあり
ません。

つまり、裁判官に対して、憲法25条
だけに基いて、判決を書いてくれと
請求しても、無理なのです。

これは、裁判所つまり司法権と立法権
行政権の役割分担の話でもあります。

すなわち、裁判所には、人の暮らし
についての判断資料も能力もない。

だから、
生活保護については、人の暮らしに
ついて資料も知識もある立法権や
行政権の判断を尊重して判決しよう、
ということなのです。

この、裁判所と、国会や内閣との
役割分担と言う発想は、他の
憲法訴訟のところにも応用できる
ものです。例えば、統治行為論にも
同じことがいえます。

以上、長くなってしまいましたが
「プログラム規定」のこと、よく
わかっていただけたでしょうか。

丸暗記ではなく、深い理解を背景に
事項を学習すると、全体の中の位置
づけや役割などもよく解って、忘れ
にくくなり、自分で考えられるように
もなりますよ。

こういう実力を
是非、つけていってくださいね。

■■計算道場■■

このコーナーでは、
難関校の過去問などから、
計算問題を解説します。

今日は2016年の
早稲田・人間科学部の問題です。

**問題**

A国とB国があり、
両国とも小麦よブドウ酒のみを
生産しているとする。

小麦1単位を生産するために
必要な労働者は、A国では60人、
B国では10人であるとする。

また、
ブドウ酒1単位を生産するために
必要な労働者は、A国では30人、
B国では20人であるとする。

小麦とブドウ酒の生産に労働以外は
必要ないものとする。

A国には労働者90人おり、現在、
小麦とブドウ酒の生産にそれぞれ
60人、30人が投入されているとする。

一方、B国には労働者が30人おり、
現在、小麦とブドウ酒の生産に
それぞれ10人、20人が投入されて
いるとする。

この時、最も適切な既述はア~エの
うちどれか?

ア.B国は、小麦もブドウ酒もA国
より少ない労働量で生産できると
いう絶対優位をもっているので、A国
と貿易をするメリットはない。

イ.B国は、比較優位をもつ小麦の
生産に特化することによって、
(自国で)小麦を6単位生産することが
できる。

ウ.A国は、比較優位をもつ
ブドウ酒に特化することによって
(自国で)ブドウ酒を3単位生産する
ことができる。

エ.A国がブドウ酒の生産に特化し、
B国が小麦の生産に特化することに
よって、全体として特化前よりも
ブドウ酒の生産量が2単位増加し、
小麦の生産量は1単位増加する。

**解説**

リカードの比較生産費説の問題は
今年、政経学部でも出ましたね。

ちょうど、メルマガでも直前に
取り上げたので、出来た人も
多かったのではないでしょうか。

今回は、選択問題ですから、
順に検討していきましょうね。

まず、ア.の選択肢のように、

たしかに、B国はA国よりも
少ない労働量で小麦やブドウ酒を
生産できますが、貿易のメリットは
あります。

B国は、小麦の生産の方がより少ない
労働量で1単位を生産できますから、
小麦の生産に比較優位があります。

そして、ブドウ酒1単位を生産する
ための20人の労働量をすべて小麦の
生産に投入すると、小麦の生産に
30人を投入しますから、3単位生産
できます。

一方、A国は、ブドウ酒の生産に
比較優位があるので、小麦の労働量を
全てブドウ酒に投入すると、ブドウ酒
は、90人で、3単位生産できます。

ということは、これを、A国とB国が
それぞれ1単位ずつ、小麦とブドウ酒
を輸出し合えば、A国は、小麦を
1単位、ブドウ酒を2単位、B国は、
小麦を2単位、ブドウ酒を1単位
それぞれ手に入れることができます。

これは、
別々に生産していたときよりも
小麦とブドウ酒をそれぞれ1単位ずつ
多く手に入れることができることに
なりますよね。

こうやって、比較優位の製品に特化
して生産し、貿易で輸出し合えば
世界の国々はみんなハッピーという
のが、比較生産費説です。

問題に戻りますね。

ア、イ、はそれぞれ間違いだと
いうことがわかりますよね。

エは、「特化前よりブドウ酒の生産量
が2単位増加し」とありますが、
実際は特化前より1単位増加しただけ
なので間違いですね。

正解は、ウ.です。
「A国は、比較優位をもつ
ブドウ酒に特化することによって
(自国で)ブドウ酒を3単位生産する
ことができ」ましたよね。

これは、基本問題のうちに入ります。
これがしっかりできれば、本番でも
強いですよ!

まだ出来ない人は、よく復習して
おいてくださいね。

■■政経ゴロゴロ■■

このコーナーでは、
政経で覚えなければいけない事項を
語呂合わせで覚えよう、という考え
で、進めていきます。

今日は、消費税導入年と内閣、
そして税率を覚えましょう。

まず、最初は、
1989年の竹下内閣のときに3%の
消費税が、初めて導入されました。

ついで、
1997年の橋本内閣のときに5%に
引き上げられました。

そして、
2014年の安倍内閣で8%に
引き上げられました。

さらに、
今のところは、2017年に
10%に引き上げられる予定です。

これは、こう覚えよう!!!

*****************

ヤクザな竹下
(89年3%)

ハシ来んな、ゴー!
(橋本 97年)

ひとよのアベちゃんや
(2014年 安倍内閣 8%)

いーな 10%
(2017年)

*****************

2017年は、
増税なしかもしれないですけど(^_^;)

★★編集後記★★

この春から始めた生活習慣、
それは、太極拳です。

日頃から運動不足で、ジムにも
通ったことがあるんですが、
長続きしませんでした。

家の中でで30分ぐらい
太極拳のDVDを見ながらやってます。

太極拳もヨガも呼吸法をマスター
することに中心があるみたいですね。

精神の安定や集中にもいいそうです。

成城で太極拳の教室をやっている
友人もいるので、続けられそうなら
通ってみようと思ってます。

受験勉強で運動不足になりがちだと
思います。

心身の健康のためにも毎日30分間
だけでも運動する時間をつくる
ことをおすすめします。

では、次回もお楽しみに!!!  

ご意見ご感想を、このメールへの
返信で、ぜひお寄せください。
    
______________________________

■発行者 :岩井テイジン
■発行者情報 :
http://saykei.com/ssp/?p=13
■お問い合わせ:
http://saykei.com/ssp/?p=337
■ブログ:
http://saykei.com
■個人指導:
http://saykei.com/ssp/
※掲載内容の無断転載・再配布は
固く禁じます。
Copyright(C)
SSP事務局 all rights reserved.
______________________________

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<



最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ