無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


旧IMF体制の動揺(国際通貨危機)(1)

(1).1958年、ドルとの交換性を回復したのはどこの地方の通貨?
             ↓
答:西ヨーロッパ

(2).これによって何が起きた?
             ↓
答:アメリカからドルが流出し始めた

(3).1960年代に入ると、急速にアメリカの国際収支が悪化したが、その原因を4つ言ってみて?
             ↓
答:東西冷戦の中、海外への経済援助や軍事支出が増加し、移転収支が赤字になった、
アメリカ企業が多国籍企業化し、企業進出によって資本収支が赤字になった、
西欧・日本の経済復興により、アメリカ商品の国際競争力が相対的に低下した、
ベトナム戦争後、激しいインフレに陥り、輸出が停滞した

(4).1964年、ケネディ大統領の残したドル防衛策は結局失敗したが、当時採用された
ドル防衛策を2つ言ってみて?
             ↓
答:シップ=アメリカン政策、バイ=アメリカン政策

(5).シップ=アメリカン政策とは何?
             ↓
答:アメリカの自国輸送船の優先的使用を進める政策

(6).バイ=アメリカン政策とは何?
             ↓
アメリカの自国商品の優先的購入を進める政策

(7).ドルの流出阻止に失敗した結果、アメリカ経済に対する国際的信用が低下し、
世界的なドルの過剰供給がドルの価値をも低下させ、それに伴ってドルと金との
兌換要求が続き、1960年と1967~68年にアメリカから大量の金が流出した。
こうした状況を何と言った?
             ↓
答:ゴールド=ラッシュ

(8).このような問題は実は、自由貿易の拡大に、一国の通貨を国際流動性としたこの
矛盾が表面化したに他ならないが、この矛盾関係を何という?
             ↓
答:流動性ジレンマ

(9).具体的などんなこととどんなこととのジレンマ(矛盾)?
             ↓
答:一国の通貨が国際通貨になるためには世界に対して通貨供給をし続ける必要があり、必然的に国際収支は赤字になる。
しかし、赤字になると、その通貨への信用も低下してしまう、というジレンマ(矛盾)。

(10).このドル危機を乗り切るため、1970年にIMFが創設した、第3の通貨とは何?
             ↓
答:特別引き出し権(SDR)

(11).特別引き出し権(Special Drawing Rights)とはどんなもの?
             ↓
答:IMF加盟国に対して、出資額に応じて割り当てられる権利で、国際収支が赤字
に陥った加盟国が、黒字または外貨準備豊富な他の加盟国から外貨を引き出すことの
できる権利であり、この権利が通貨の役割を持ち、支払い手段として、国際流動性の
不足を補った。

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<



最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ