最新情報

2015年7月28日
法学
専守防衛は甘い考えか?
第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】 1  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2 ・・・
2015年7月18日
談笑亭日乗
日本の現状を予言した書
藤田省三という思想家がいます。 古い人ですが、丸山真男の弟子で、現代の社会状況を、言い当てています。 以下は藤田省三の著書からの引用です。 『抑制のかけらも無い現在の「高度技術社会」を支えている精神的基礎は何であろうか。・・・
2015年6月29日
談笑亭日乗
永遠に上書きされ続ける現在とやわらかな独裁(2)
(1)の続き・・・ ここでいう柔らかな支配というのは何であろうか? おそらくその最も強力なものは、民衆に忘れさせること、何でもなかったように思わせることではないか? フレドリック・ジェイムスンは、「ポストモダニズムと消費・・・
2015年6月28日
談笑亭日乗
永遠に上書きされ続ける現在と柔らかな独裁(1)
沖縄慰霊の日のテレビ朝日の報道を観た。あの摩文仁(まぶに)の丘で毎年行われている記念式典での模様がニュース番組の限られた時間の中で紹介された。そこでは、安部首相のスピーチの模様が延々と放送された、他方、地元の高校3年生が・・・
2015年6月25日
哲学
有閑階級の社会における義務の果たし方
山鹿素行という人をご存知だろうか? 古学の創始者であり、山鹿流兵法で知られる軍学者でもあった。 林羅山の門弟であったが、朱子学を批判したため、赤穂藩に左遷され、そこで、大石内蔵助と出会う。「忠臣蔵」で名高い、元禄時代の大・・・

専守防衛は甘い考えか?

第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】 1  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2 ・・・

日本の現状を予言した書

藤田省三という思想家がいます。 古い人ですが、丸山真男の弟子で、現代の社会状況を、言い当てています。 以下は藤田省三の著書からの引用です。 『抑制のかけらも無い現在の「高度技術社会」を支えている精神的基礎は何であろうか。・・・

永遠に上書きされ続ける現在とやわらかな独裁(2)

(1)の続き・・・ ここでいう柔らかな支配というのは何であろうか? おそらくその最も強力なものは、民衆に忘れさせること、何でもなかったように思わせることではないか? フレドリック・ジェイムスンは、「ポストモダニズムと消費・・・

永遠に上書きされ続ける現在と柔らかな独裁(1)

沖縄慰霊の日のテレビ朝日の報道を観た。あの摩文仁(まぶに)の丘で毎年行われている記念式典での模様がニュース番組の限られた時間の中で紹介された。そこでは、安部首相のスピーチの模様が延々と放送された、他方、地元の高校3年生が・・・

有閑階級の社会における義務の果たし方

山鹿素行という人をご存知だろうか? 古学の創始者であり、山鹿流兵法で知られる軍学者でもあった。 林羅山の門弟であったが、朱子学を批判したため、赤穂藩に左遷され、そこで、大石内蔵助と出会う。「忠臣蔵」で名高い、元禄時代の大・・・

カール・シュミット〜ナチスによる憲法破壊を手伝った男

昨日、改正公職選挙法が成立し、選挙権が18歳以上の男女に与えられることになりました。この記念すべき日に、新しく有権者になるみなさんに向けて、お話したいことがあります。 「アクラマチオ」という言葉を知っていますか?「大衆の・・・

砂川事件判決〜政府与党が集団的自衛権行使合憲の論拠と読める部分があった!

政府与党が集団的自衛権行使合憲の論拠と読める部分を、判決書の田中耕太郎最高裁長官の補足意見の中から見つけました。 つまり、素直に読むと、確かに最高裁判所が、自衛権を個別的と集団的に分けて考えておらず、また、集団的自衛権を・・・

集団的自衛権〜合憲論を主張する憲法学者の頭の中とは?

「集団的自衛権を合憲とする学者はいっぱいいる」と言ってしまった菅官房長官も、実はあんまりいなくて答弁に困ってましたね。 あんまりいなかったけど、どうして合憲なのかは気になりますよね? この点、明治大学の高橋和之先生が、学・・・

倫理的であるとは?〜自分の中の他人

最近、ますます凄惨な事件が後を絶たない。先日も愕然とする自動車事故があったばかりだ。 私も、倫理と社会について毎日のように考えている。 そんな中で、倫理と社会について、そして規範意識についてさらによく考えている人がいる。・・・

ダメなものはダメ~知性が日本を滅ぼす?

子供に何かを納得させるのに、常に理由をつけなければならないか? 「悪いことは悪い」、「ダメなものはダメ」というのではいけないのだろうか? 先日あるアメリカの雑誌を読んでいてこんな記事に出会った。子供はなんでも知りたがり、・・・

このページの先頭へ