倫理的であるとは?〜自分の中の他人

最近、ますます凄惨な事件が後を絶たない。先日も愕然とする自動車事故があったばかりだ。

IMG_0380

私も、倫理と社会について毎日のように考えている。
そんな中で、倫理と社会について、そして規範意識についてさらによく考えている人がいる。立教大学の前田先生だ。その著書「倫理という力」の解題をここで披露したいと思う。自由とか、公共の福祉とかの限界を考えるのにも役立つと思う。また、機会があったらお読みになるのもいいと思う。先生の言いたいことはだいたい以下の通りだと思う。

殺人者であれ、泥棒であれ、麻薬中毒者であれ、自分の犯罪的行為について、人は何とかして自分と折り合いをつけようとすると前田先生は言う。人間は動物と違う。ロビンソンクルーソーのような独りぼっちの人間でも必ずもう一人の人間が付きまとっている。それは、もうひとりの自分であるところの社会化された他人である。この二重になった自分から逃れることは出来ない。この二重性は社会性と同じである。自分にどう言い聞かせるかは自分を社会の中でどう選ぶかと同じになるだろう。人はこの選択から逃れられない。

私たちは、どんなときでももう一人の自分につきまとわれ、この自分を説得しないことにはどうにもならない。不機嫌の嵐に見舞われる。説得はまるで社会の他人に向かってのようになされる。わたしたちの心は、自分自身のこの社会性から逃れて生きることは出来ない。

また、この時、説得するのではなく、命令する、というもうひとつの態度が人間には可能である。それは、どんな命令か。人を殺せ、物を盗め、自分だけがいい目を見ろ、という命令か。そうだとしてみよう。そういう命令が可能だとしてみよう。

しかし、人はその命令に従った自分について、またなんやかやともう一人の自分に言い聞かせるはめになる。そして、そのもう一人の自分は決して納得しない。つねに自分に反対する者として、自分の中に存在することになる。

こんな状態では、人は決して自由でなくなるだろう。その人は自由意志に従っているとは言えなくなるだろう。

言い聞かせるはめになるのは、良心があるからか?そう考えてもよいが、事実はもっとはっきりしたことだ。言い聞かせる相手が、つまり、そのもう一人の自分が、殺される他人、盗まれる他人になって、こちらを見返してくるからである。それが、社会を裏切るということだろう。社会は、私たちの外側と内側に同時にある・・・。

したがって、自分への命令が完全に自由になされうるためには、その命令は、社会を裏切るものであってはならない。裏切るどころか、自分を社会と一体化させ、それへの責任を新たに生まれさせようとするような命令でなくてはならない。

だとすれば、この命令は、社会の中の他人に命令するような具合になされるだろうか?そんなことはない。
なぜならこの時、人はもう一人の自分に対して機嫌をとる必要が少しもないからだ。命令はまさに他でもない自分自身に対してどんな言い訳もなしになされるからだ。自分というものの二重性は、ここでは分裂を起こさないからだ。命令を実行する行動の充実の中で自己と社会は統一される。それが自由ということだ。

つまり、前田先生は、自分の行為の受け手である他人を代表する自分の中のもう一人の自分と完全に一致するような行為をすることが自由ということである、としている。規範の内面化のことだろう。

Freedom...freedom..

これは、カントの定言命法とも重なる。
「あなたの意志の格率が常に同時に普遍的な立法の原理として妥当しうるように行為せよ」という「純粋実践理性の根本法則」は、仮言命法つまり「〜ならば・・・せよ」という倫理学の原理にはない、無条件の行為を命令するものだ。

カントはこの行為を「純粋実践理性」による行為だとしているのに対し、前田先生は、この状態を「自由意志」による行為だとしているが、それは、呼び方の問題で、実は同じものではないか、と私は思う。

要するに、社会性があり、倫理的であるということは、自己の利益が、そのまま社会の利益と一体になっている場合に成り立つ。
自由という状態の表現について自己と社会の一体性の観点を持つというのは、ルソーの「一般意志」の考えとも近い。また、ゲーム理論で言えば、自己の利益と社会の利益の両立を意味する、Win-Winの関係とも言えるだろう。

いや違う、自己と社会の一体化なんて、それは全体主義だ、ファシズムだ!と騒ぎ出す輩もいることだろうが、断じて違う。それはあまりに偏頗な考えだ。あまりに甘っちょろい考えである。

個人の権利と社会的責任についての自覚、つまり規範意識についての自覚は、実は、血みどろの宗教戦争や市民革命を経てきた結果の妥協の産物なのだ。それは、多くの血の池を通って成立してきたものだ。決して予定調和でもなければ、安楽な上からの自由化や民主化とは全く違う。何だか既成のものであるかのように考えてしまうとすれば、やはりそれは戦後教育の誤りの結果だと言ってもいい。権利ばかり、つまり、自己の利益ばかり主張することを習い、義務つまり社会の中の自己の行為に責任を持つことを軽視してきた証拠にほかならない。

残念ながら、日本の社会と日本人は、「人にも甘いが自分にもめっぽう甘い」。こういうグダグダな社会に生きているということ、世の中の大抵の大人は、グダグダな思考しか持っていない。「きちんとしなさい」というのは土台無理な話かもしれない。せめて、カントの定言命法もルソーの一般意志も、そして、現代の前田先生の考えも、多くの凄惨な事件を目撃してきた結果生まれたものである、ということを忘れないようにしたい。

コメントを残す

このページの先頭へ