無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


全国九電力会社の株主総会が開催されました

 沖縄電力以外の全国の電力9社の株主総会が開催されました。

 今回の株主総会は、「脱原発を認めるか」「経営悪化に備えた積立金の取り崩し」
が、主なテーマでした。


Fukushima 1 Nuclear Power Plant_47 / hige-darumaひげだるまattractive woman Version

 株主が「脱原発」を訴えると、会社側は、経営悪化を理由に「原発再稼働」を主張し、
株主側の提案は否決されてしまいました。

 ところで、そもそも株主総会って、何なのでしょうか?

 それを見ていくには、まず「株式会社」とはどんなものかを見ていくことにしましょう。
お金を稼ぐには、元手つまり資金が必要です。小さな商売なら、個人の資金でも始められる
でしょうが、工場を建てたり、大きなビルを建ててたくさん人を雇って事業を始めようと
するなら、たくさんのお金が必要になりますよね。例えば10億円必要だとしましょう。

 自分が大金持ちだったり、大金持ちの友達がいるなら、そういう人にお金を融資して
もらうように交渉すれば、お金を貸してくれるかもしれません。
でも、世の中に10億円持っている大金持ちの人はそんなにたくさんいませんし、その人が
お金を貸してくれるとも限りません。一方、1万円なら持っているし、出資してもいいと
思っている人は、世の中にたくさんいます。

そこでそういう人たちが、安全に簡単に出資できれば、大きな仕事をしようとする人も
資金を集めやすい、ということになるでしょう。

こういう事情から、出資しやすいように少額を一株という単位にして、例えば一株一万円
にして、出資したい人に買ってもらうことによって資金を集めることができる会社を作り
ました。これが、株式会社です。

こうやって、世の中の人たちが少しずつ持っているお金をたくさん集めて大きな資金にして
大事業をしていく仕組みが出来上がりました。


money owed / Bopuc

 この株式会社への投資に関して、いくつかルールがあります。

 まず、株を買ってくれた人(株主)は、もし会社が破産しても、会社の債権者から一切請求
されません。こうしなければ1万円出資しただけなのに、会社の借金を1億円払えとかいわれる
危険性があるからです。

 そこで、株式会社では、人々が安心して投資できるように、株主は株の代金さえ払えば何の
責任も負わないことにしました。このルールを株主の「間接有限責任」といいます。

 また、株主は、株の代金として一度払い込んだお金は、会社から返してもらえません。
資金が目減りし、会社と取引などをしている会社債権者に損害を及ぼす恐れがあるからです。
しかし、株主としては、出資したお金を返してもらう手段がないのはやはり困ります。
そこで、原則として、自分の持っている株を他の人に自由に譲渡できるルールを作りました。
こうやって株主は他人に自由に株を売ることによって自分の投資を回収できるのです。
これを、「株式譲渡自由の原則」といいます。

 株式市場の取引がこんなに盛んになっているのは、こんな事情によるところが大きいのです。


Placeholder / ehnmark

 こうやって株主は会社に出資して会社はそれを元手に事業をして利潤をあげていくという
しくみが出来上がったわけですが、会社の資産は株主が出資したお金がもとになっているので
株主というのは、会社の実質的な所有者なのです。その株主の集まりの株主総会というのは、
株式会社の最高意思決定機関ということになっています。

 しかし、現代の株主は、会社の経営には興味も能力もなく、ただ儲けたくて出資している人が
多いのです。そこで、経営は専門家を呼んで取締役になってもらい、会社の利益を増やして
もらう場合が多いです。
したがって、会社の所有者と経営者が別々の人に分かれているのが現代の株式会社です。
これを、「所有と経営の分離」といいます。

 ですから、今回の電力会社の株主総会のように、株主の提案と会社経営陣の態度が対立する
こともあります。会社経営陣は、会社の利益を重視するので、「原発再稼働」という経営判断は
ある意味当然かもしれません。それでも会社の方針に賛成する株主が多ければ、原発再稼働が
承認されてしまうでしょう。実は、電力会社などの大企業では、大手の銀行などが大株主に
なっていて経営陣の方針に賛成することが多いし、逆に大株主の意向が経営に反映されます。

 しかも、株主総会は、株主一人一票ではありません。
保有する株式の数に応じて議決権が割り当てられますから、大株主の意向が反映されやすく
なっているのです。
 
今回の原発再稼働の方針は、こうした経営陣の意向を好む大株主の意向が反映された結果と
いえるでしょう。

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<



最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ