無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


日米の金融政策

bookoface

こんにちは。

tedface

こんにちは。

bookoface

今日はどんなお話?

tedface

今日は、日本とアメリカの金融政策について話そうと思うんだ。

bookoface

金融政策って何だっけ?

tedface

金融政策っていうのは、主に中央銀行が中心になって、景気の安定や物価の安定を目指して、世の中に出回るお金の量や、金利を調節する政策のことだよ。

bookoface

その金融政策に、日本とアメリカで違いがあるの?

tedface

そうだね、日本は金融緩和の方向で、アベノミクスが始まった2012年末以来、世の中に出回るお金の量を倍にしてきたんだ。
一方、アメリカは、去年の12月までは、日本と同じように金融緩和を実行していたんだけど、去年の12月に、金融緩和を止めて、金融引締めを目指して、わずかに、金利を上げたんだよ。

bookoface

日本とアメリカでどうして、政策が違うの?

tedface

日本とアメリカでは、国内の景気の局面が違うからね。

日本は景気があまりよくないのに対してアメリカは、景気がとてもいいんだって!

bookoface

そうか、日本は景気を良くするための金融政策をしていて、アメリカは、景気が良すぎる状態を抑えるために金融政策をしているからなんだね!

tedface

そう、その通り!ブー子、冴えてるね!

bookoface

ありがとう、でも、もういちど、しっかりと、日本とアメリカの金融政策の違いを知りたいわ。

tedface

わかった。

じゃあ、まず、日本からね。

日本は、日本銀行が、政策委員会の政策決定会合というのを月に一度開いて、金融政策を決定しているんだよね。

そして、アベノミクスの第一の矢として、大胆な金融緩和政策を実施しているよね。
2013年の4月に黒田総裁が打ち出した量的緩和の異次元緩和として、マネタリーベースを従来の2倍のおよそ280兆円にすること、その手段として、売りオペレーションを中心とした、国債、債権、そのたリスク性証券の購入までも実施する質的緩和も実施しているんだよ。

それで、街中の銀行の金庫まではお金が押し寄せて、一部の大企業の給料が上がったり、株価が上がったりして、一部の富裕層が、さらに資産を増やしたりしたんだよ。

でも、世の中に、お金が溢れることはなく、景気がよくなることもなかったよね。

それは、銀行の金庫には、日銀から溢れるほどの資金供給がありながら、お金を借りる企業も個人もあまりなく、また、バブル崩壊後の不良債権問題の再来が怖くて、なかなか貸出を増やさなかったんだ。
その代わりに、日銀から買いオペレーションで得た潤沢なお金は、そのまま日銀の金庫に預けて、日銀から利子をもらっていたんだ。

そうした街中の銀行の態度に、日銀は怒って、今年の1月に、「日銀の金庫に預けるんだったら、手数料を取るぞ!」って言って、導入したのが、「マイナス金利」だよ。

それで、先日、日銀の政策決定会合があったあとの黒田総裁の会見では、「マイナス金利の深掘り」、つまり、さらにマイナス金利を拡大することは目標にしないと言ったんだ。そして、マイナス金利は維持するけど、なんと10年ものの国債の金利を0%にすることをめざす、と言ったんだ。

これは、今まで、アベノミクスの始まりから続いてきた量的緩和を金融政策の中心としてきたものに対し、金利を政策の中心に据えることを意味するんだ。

黒田総裁は、緩和の縮小ではない、と言っているんだけど、市場は敏感に反応し、今、急激な円高に振れているんだよ。

ただ、今回の、黒田総裁の会見は、長期的な金融緩和を続ける決意表明だ、という見方もあるんだ。

つまり、インフレターゲット2%の目標を堅持して、それが達成されるまでは、決して日銀は、金融緩和を止めない、というつもりだと、いう人もいるんだよ。

つまり、日銀に街中の銀行が預けているお金に関しては、短期のマイナス金利を維持し、量的金融緩和も続けるけど、これから発行する、10年ものの国債については、0%の長期金利になるように誘導する、というものなんだ。

そうすると、実質は、利上げになることは否めないよね。

だから、市場は、円高に振れたんだよね。

bookoface

ちょっと難しかったけど、何となくわかったわ。
日銀も、いろいろと考えて、手探りな感じなんだよね。

tedface

そうだね。

次は、アメリカの話ね。

アメリカはね、リーマン・ショック後に大規模な金融緩和をやって、そのおかげで、景気は早くに持ち直して、今、かなり統計上の数値的には景気がいいらしいんだよ。

それで、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)っていうところが、金融政策をやっているんだけど、そのイエレン議長が、去年の12月に、従来の金融緩和政策を転換して、金利を0.25〜0.55%上昇させたんだ。

でも、今年になって、全然利上げしなかったんだよね。
この間のFOMC(連邦公開市場委員会)っていう、金利を決定する会合では、やはり、利上げはしない、という結論になった。

これが、日銀の黒田総裁の長期金利0%誘導と重なって、円高になってしまっている。

bookoface

ちょっと、わからないんだけど、アメリカの利上げ見送りと、日本の金利0%導入が重なって、なぜ、円高になるの?

tedface

日銀が今回やったことは、実質的な利上げだと市場は評価したのね。それなのに、アメリカが利上げしないと言ったもんだから、日本円を買っておこう、と思った市場関係者が多かった、ってことだね。

ただ、これには、あんまり理論的な裏付けはなくて、どちらかといえば、気分の問題なんだよ。

bookoface

今現在の為替は、1ドル=100円くらいだけど、もっと円高になるのかしら?

tedface

僕は、為替のディーラーじゃないから、そんなに詳しくはわからないよ。

でも、その可能性は大いにあるんじゃないかな。

イエレン議長は、今年中に1回は利上げするのが適当だ、みたいな発言をしているから、12月くらいに、利上げするかもね。

そうしたら、今度は、円安に振れるかもね。

bookoface

アメリカの景気はどうなの?
詳しく教えて!

tedface

アメリカの景気は、統計上は、かなり良くなってきていて、個人消費も改善して、リーマン・ショック前の水準に戻りつつあるんだって。

今年の第1四半期は前年比1.9%増、第2四半期は4.2%増で、個人消費がGDPの7割を占めるアメリカ経済にとっては、良いことなんだ。

ただ、小売売上高は、9月15日発表分をみると、マイナス0.1%と、ちょっと心配な面もあるんだよね。

景気が十分良くなったと言えないところが、つらい所で、それが、今回の利上げ延期になったんだろうね。

bookoface

とりあえず、今の円高がどうなるか、注意して見ていきたいわね。

tedface

そうだね、日銀は、国債を買いすぎていて、もう市場的には限界かもしれないと言われているから、そういうところも注意したいね。

bookoface

また、いろいろと教えてね。

tedface  

また、一緒に勉強しようね。

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<



最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ