無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


民法上の婚外子の遺産相続分の差別が違憲であると最高裁判決が出ました

 時事通信の速報を以下引用します。
 
 結婚していない男女の間に生まれた子(婚外子)の遺産相続分を結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分とした民法の規定が、法の下の平等を定めた憲法に違反するかが争われた家事審判の特別抗告審の決定で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は4日、規定を違憲とする初判断を示した。

 従来、民法は、第900条4号で、結婚していない男女の間に生まれた子(婚外子・法律上は非嫡出子(ひちゃくしゅつし)という)の遺産相続分は、結婚している夫婦の子(嫡出子・ちゃくしゅつし)の半分と規定されていました。この規定については、過去何度か訴訟が起こされましたが、従来の最高裁判決は、合憲というものでした。その理由は、婚姻制度の維持のために婚外子の相続分と夫婦間に生まれた嫡出子との間に区別を設けることが、全く合理的でないとはいえない、とするものでした。

 しかし、従来の裁判で、原告が主張した通り、14条1項には、不合理な差別として、人種、信条、性別、社会的身分、門地が例示されていて、この婚外子というのは、「社会的身分」に相当すること、また、婚外子自身には何の落ち度もなく、婚外子の相続分を嫡出子より少なくすることによって、婚姻制度を維持する実効性がどれだけあるか疑問であること、などから、違憲の疑いが極めて大きいと言われてきました。また、最高裁判決の反対意見にも同様の主張が見られていました。

 まだ速報ですので、どのように最高裁判決が示されたかは、まだわかりませんが、解り次第、加筆修正していきますので続報をご期待ください。

 
↑ブログランキングには受験ブログなど熱心なブログがたくさん登録されています

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<



最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ