無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<

最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


集団的自衛権の行使容認が閣議決定されました

PM Harper hosts a Bilateral Visit by The Honourable Shinzo Abe, Prime Minister of Japan & Mrs. Akie Abe in Ottawa

bookoface

みなさん、お久しぶりです。ブー子です。
今回は、「集団的自衛権の行使が内閣で認められた」というのですが、私は、そもそも言葉の意味が解りません。

tedface

こんにちは、テッドです。ブー子、「集団的自衛権の行使」って難しい言葉だね。

bookoface 

まず、「集団的自衛権」って、何なのかな?

tedface

そもそも、「自衛権」というのは、「自分で自分を守る権利」で、国際法上、「主権国家」つまり、独立している国にはどんな国にも認められるんだよ。ある国に、他の国が攻めてきた時、それを迎え撃つ権利だね。

bookoface

なるほど、でも、今回話題になっているのは、「集団的」っていう言葉が、「自衛権」についてるわ。

tedface

そうなんだ。実は、「自衛権」という言葉は、普通、「個別的自衛権」のこと、つまり、それぞれの国が、別々に自分の国を守るための「自衛権」を意味していて、これが国際法上、どんな国にも認められることは異論はないんだよ。

bookoface

そうね、それは、わかったわ。じゃあ、「集団的」な「自衛権」って、どういうこと?

tedface

「集団的自衛権」というのは、「集団安全保障方式」による平和の維持という考えを理解する必要があるよ。

bookoface

「集団安全保障方式」???言葉が難しくて泣きそう・・・。

tedface

まあまあ、泣かないで、ブー子。
「集団安全保障方式」というのは、戦争を防ぐしくみとして、今の国際連合に取り入れられているしくみなんだよ。
この方式は、1919年に国際連盟が発足した時から採用されている考え方なんだ。
 
 国際連盟が発足する前は、植民地獲得競争をしていた欧米列強は、軍事力がつりあうように、2つのグループに別れて同盟を結んでいたんだ。2つのグループの間で戦争が起きるとお互いに大きなダメージを受けるので、戦争を起こさないだろうという考えで平和を保とうとしたんだ。これが「勢力均衡方式」の安全保障体制なんだ。でも、実際は、第1次世界大戦が起きてしまい、大きな被害と悲惨な結果をもたらしてしまったんだ。

bookoface

それで、「勢力均衡方式」はやめて、「集団安全保障方式」というのになったのね。じゃあ、具体的にそれは何?

tedface

うん。「集団安全保障方式」っていうのは、まず、国際連合に加盟している国約200カ国が、全部ひとつのグループになって同盟を結ぶんだ。そして、もし、A国が、B国を侵略しようとして攻めていった場合、A国以外の全部の国連加盟国が、侵略をやめさせるためにB国の味方になってA国と戦う、これが、「集団安全保障方式」だよ。学校で例えるなら、いじめっこに対して、他の全員のクラスメートが、いじめられている子を助けるために、いじめっ子に立ち向かう、って感じかな。

bookoface

へえ〜!そういうことなのね!じゃあ、「集団的自衛権」っていうのは?

tedface

「集団安全保障方式」をとるということは、安全保障のための同盟を結んでいる国々がすべて集団で、攻撃している国に立ち向かうことを意味するでしょう?
この「集団で立ち向かえる権利」が「集団的自衛権」で、国連憲章で、国際法上初めて認められたものなんだ。だから、国連に加盟している国なら全部、「集団的自衛権」は持ってるんだよ。もちろん、日本も、「集団的自衛権」は持ってる。

 でも、「日本国憲法第9条」には、「国権の発動たる戦争、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する」って、書いてあるよね。

bookoface

あっ、そうか!日本は、外国が攻めてきた時、自分で自分を守ることはできるけど、どこかの国が攻撃されていても、自衛隊は出動できないのね?それ、なんていうんだっけ?

tedface

「専守防衛」っていうんだよ。日本は、自国が攻撃された時、他の国(主にアメリカ)と一緒になって防衛することはできるけど、これは「個別的自衛権」の行使になるね。だから戦後ずっと、政府見解では、日本は、「集団的自衛権」は行使できないという解釈をとってきたんだよね。

bookoface

そうそう、だから、「湾岸戦争」の時も、日本は、お金だけ出して、自衛隊は出動できなかったのよね。それで、外国から非難されたりしたのよね。

じゃあ、今回の閣議決定では、日本は、「専守防衛」の考えを捨てて、「他国が攻撃されたら、日本が攻撃されてなくても、自衛隊が出動する」っていうことに決めたってこと?

tedface

 そうだね、ものすごく大雑把に言えば、そういうことになるね。

 ただ、今回は、無制限に「集団的自衛権」を認めるということはなくて、厳重な歯止めがかかっている、と、昨日の記者会見では言っていた。安部首相も、「集団的自衛権行使には、厳格な3要件があるので、従来と変わらず、自衛隊が海外派兵されることはない」なんて言ってたね。

120727-N-LP801-045

bookoface

その、厳格な3要件というのは何なの?

tedface

それはね、

1.我が国に対する武力攻撃が発生した場合のみならず、我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合に、

2.これを排除し、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない時に、

3.必要最小限度の実力を行使すること

だって。

bookoface

なんだか、難しくて、私なんかにはさっぱりわからないわ。つまり、どいうこと?

tedface

 そうだね、わかりにくいね。刑法に、「正当防衛」っていうのがあるけど、それを、国家レベルに置き換えた感じ、っていうのが一番ぴったりくるんじゃないかな?

 「正当防衛」っていうのは、大雑把にいうと、

1.急迫不正の侵害(差し迫っていて、違法な侵害行為がある場合)に、

2.警察を呼ぶなどの他に適切な行為ができないやむを得ない場合で、

3.防衛の範囲を超えない相当な行為、の場合

に成立するんだ。

 これと今回の3要件を見比べると、ほとんど同じでしょう?

 
bookoface

でも、個人の場合と国家の場合は、単純に比べられないんじゃないの?

tedface

まあ、確かに、それも一理あるけど、国連憲章が考えている、国際紛争の解決のしかたと比べると参考になると思うよ。

それはね、まず、国連憲章では、原則として、加盟国が加盟国を攻撃するのは違法だとしているんだ。

だから、国際紛争の解決は、第一義的には、安全保障理事会がその責任と権限を持つことになってる。

そして、加盟国は、武力によらず、安全保障理事会に提訴する形で平和的に解決しなければならない。

でも、安全保障理事会で、話し合いをしている間に、A国はB国を攻撃して事実上占領してしまうかもしれない。国連軍が到着する前に侵略が行われ、皆殺しにあって間に合わないかもしれない。だから、そうならないために、国連憲章は、加盟国に個別的、集団的自衛権を認めている。

これと、法治国家の下の個人に認められている「正当防衛」は、同じ法律上の趣旨に立っているんだよ。つまり、警察が呼べない差し迫った状況では、個人は、自分を守るために、戦うしか方法がない、って言う場合もあるから、本来は、違法な暴力を、限定的に個人に認めているんだよ。

bookoface

ふうん、なるほどね〜。確かに、「相棒」みたいな刑事ドラマでも、犯人が、右京さんとか甲斐くんを殺しそうになる時、パトカーが来るのが遅くて殺されそうになってハラハラするけど、犯人に一緒に立ち向かったりしてるもんね〜。

そうすると、今回の閣議決定は、大丈夫なのかな?問題ないのかな?

tedface  

う〜ん、ただ、刑法の「正当防衛」は、「自己または他人の権利」と書いてあるんだけど、従来の日本の立場は、「自分の権利」だけを守るために限定していたんだ。「他人の権利」を守るためにも正当防衛は成立するんだけど、国家レベルの正当防衛である「自衛権の行使」について、「他国に対する武力攻撃」も含めることにしたという感じだと思う。

 もう少し詳しく言うとね、従来の個別的自衛権行使の3要件はね、1のところが、「我が国と密接な関係にある他国」とか、「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」とはなっていなくて、単に、刑法36条の正当防衛の条文に似てて、「我が国に対する急迫不正の侵害がある場合」っていうような、結構単純な書き方だったんだ。これに、いろいろと条件をつけた点で、今までの3要件よりも、厳重になってます、という意味らしい。

また、現在の、尖閣や南シナ海への中国の海洋進出に対して、アメリカと連携して、中国を封じ込めることができるようになるので、今回の集団的自衛権行使容認は、一定の抑止力もあるように思う。

まあ、だから、百歩譲って、国際情勢にかんがみて妥当だし、国際法的にもOKであるようにも思う。

それでも、僕は、別なところにもっと大きな問題があると思う。

bookoface

え〜、別に国際法的におかしくないならいいじゃない?何が問題なの〜?

tedface

それはね、憲法解釈の変更を、国民の代表機関である国会で審議する前に、先に「閣議決定」でやってしまった点だよ。

bookoface

首相とか大臣とかの偉い人達が、そういうこと決めてもいいんじゃないの?

tedface

首相や大臣は、憲法尊重擁護義務(日本国憲法第99条)といって、憲法を守る義務があるんだよ。それを、憲法9条の解釈を勝手に変えてしまうことは許されないというべきだ。もし、「集団的自衛権」の行使を認めるなら、やはり、本来は憲法を改正するのが正しい。それが、実現不可能で政治的な都合で間に合わないからといって、勝手に閣議決定でやってしまうのは、憲法破壊というのに等しい。

ちょっと、これをみてごらん。

ウィキペディア憲法尊重擁護義務から引用

bookoface

この戒能通孝という人は誰?

tedface

早稲田大学の教授だった人だよ。1956年の国会の憲法調査会の公聴会での発言から採ったものだ。

bookoface

ずいぶん昔から、内閣とかが、憲法を変えたがっていたってことよね。

tedface

そうだね、自民党は、最初から、その党の綱領に憲法改正を掲げているからね。

しかも、安倍首相のおじいさんは、「60年安保闘争」の時の首相、「岸信介」だからね。安倍さんの血の中には、「国家改造主義」が脈々と流れているんだな。

bookoface

テッド、なにブツブツひとり事言ってるのよ!全然わかんないわよ!

tedface

ごめんごめん、安倍さんは、ヨーロッパでなんて言われてるか知ってる?

bookoface

知らないわ、なんて言われてるの?

tedface

「ソフト・ファシスト」って呼ばれてるんだって。ソフトな右翼ってことだね。

今後の政治のゆくえが心配だね。見守ってゆこう。

election*ABS, Osaka

政治経済合格サポートプログラム(SSP)

早稲田合格を目指すなら論述問題計算・図表問題の習熟が不可欠です。
このプログラムでは、論述や計算・図表問題を徹底的に指導してあなたを第1志望に導きます。
>>詳しくはこちら<<



無料メールセミナー開催中!

早稲田の政経学部合格した人の勉強法って知りたくないですか?
只今無料完全公開中!
行動心理学に基づいたやる気の出し方やる気の維持の仕方計画の立て方
センター試験の勉強法早稲田など難関大の勉強法などについて、無料毎日メールが届く講座です!
>>詳しくはこちら<<



最新政治経済時事問題集 無料プレゼント中!

テイジン先生が昨年末に実際の受講生の指導用に作成した時事問題一問一答集無料プレゼントしています。
集団的自衛権閣議決定、特定秘密保護法、TPP、アベノミクス、日銀金融緩和、人口減少などについて完全理解したい人は、今すぐチェックしよう!
>>詳しくはこちら<<


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村には受験ブログなどためになるブログがたくさん登録されています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ