Sick

イライラの原因を特定しよう

「イライラして勉強できません!」という相談をよく受けます。若い皆さんは、ホルモンが活発に分泌されているので、訳もなくイライラすることもあると思います。そういう場合は、軽い運動を30分くらいやってシャワーをさっと浴びればスッキリします。

しかし、今回取り上げたいのは、そういう種類のイライラではありません。ここのところ、いつもイライラして勉強に身が入らない、ということはありませんか?そういう場合というのは、目の前の仕事以外に気になることがあるのです。心配事があるのです。それが気になって勉強に集中できないのです。

ですから、まず、自分がイライラして集中できないなあ、と思ったら、イライラの原因を特定しましょう。「自分はこれが気になっていて勉強に集中できないんだ」と知ることが、イライラ撃退の第一歩です。

行動の優先順位をつけよう

他に気になることがありイライラしながら勉強をし続けるというのは、あまり時間の使い方として有効とは言えません。時間は有限な資源です。特に受験生にとっては時間の使い方次第で大きく成功が左右されます。

ですから、中途半端な時間の使い方をしていてはいけません。自分の行動に優先順位をつけましょう。紙とペンをつかって、今日しなければならないことを書き出してみてください。イライラの原因になっていることも含めて全てです。そして、重要性の高い順に並び替えてみてください

そして、その順番に自分の行動を決めてください。行動を決めたら、その順番に行動するだけです。こうすれば、あなたの気になっていたことは、今やっていることよりも優先順位が低く、後でそれに取り組むことができるので、今やっていることに集中できるはずです。それでも、また集中できませんか?もしそうなら、次をお試しください。

感情のコントロール

今やっていることが苦痛で仕方がない、勉強すること自体が苦痛で嫌だ、という人は、自分の目的をしっかりと見据えましょう。勉強法が間違っているなら格別、この世には、完全に苦痛なしで獲得できる技術や知識はありません。自分のレベルを上げるには、ある程度の苦痛や努力は仕方がありません。それをいとわないモチベーションやエネルギーが必要です。つまり、以前述べた合格マインドが足りないと思った方がいいですね。

そんなの解ってるよ!という声が聞こえてきそうです。わかりました、では、こんなのはどうですか?最近の研究によると、若い人の方が血気盛んで感情をコントロールできず、歳をとった方が穏やかになってコントロールできるというのは間違いだそうです。つまり、若い人の方が感情のコントロールに長けているそうです。

ですから、若い皆さんは、感情のコントロールというのを覚えましょう。現代人は、大人も子供もキレやすい、と言われていますね。おそらくその原因は、ストレス状態に絶えずさらされているからではないでしょうか?いろいろなプレッシャーもあり、失敗が赦されなかったり、思いやりのない言葉や悪意さえも日常茶飯事ですものね。そういった時に、そういうストレスに負けてすぐにキレてしまうのはやはりつまらないですよ。

では、キレそうな時に、勉強をやめてしまいたいと思った時に、どうすればいいでしょうか?それは、リラックスすることです。緊張状態を脱して、心身ともにリラックスする技術を身につけることです。

Snow White relaxed

リラックスの仕方を覚えよう

イライラしているときは、心身が緊張状態にあります。これを緩めるやり方をお教えします。勉強している時を想定して、椅子に座っているとします。まず、背筋を伸ばして、手を膝の上に置いて、両手でグーを作ってください。そしてそのグーを思いきり握りしめてください。そして、力を一瞬で緩めてください。これを3回繰り返します。

次に、首と肩を思いっきりすくめてください。そしてまた一瞬で元に戻してください。これをやはり3回繰り返します。次に太ももに力を入れてください。そして一瞬で力を緩めます。これを3回繰り返します。最後に足のつま先に力を入れて、一瞬で力を抜きます。これも3回繰り返してください。

はい、そうすると、全身、緊張しているところがなくなったでしょう?全部やるのが望ましいですが、首と肩だけでも緊張が薄らぐのが解ると思います。この脱力状態がリラックスしている状態です。

緊張状態と弛緩状態を意識的に繰り返すことにより、弛緩状態がどんなものなのかを意識できるようになります。繰り返し練習してこの状態を覚えてください。

そして弛緩した状態で、「手のひらやお腹が温かい」と、自分に暗示をかけてください。そして、「ひたいが涼しい」と暗示をかけてください。この状態がリラックス状態です。

人間は、こういう状態の時が、潜在意識も活性化され、最高に集中でき、学習効果も上がるものです。勉強するのが嫌になったとき、これをお試しください。心の緊張も取れイライラも和らいで、もう少し頑張れるようになると思いますよ。

今日のまとめ

・イライラする時は、そのイライラの原因を特定しよう

・特定したら、その原因と今勉強していることの優先順位をつけよう

・優先順位をつけたら、順位の高い順に行動しよう

・行動している時は眼前のことに集中し、下の順位のことは後で考えよう

・感情のコントロールの第一歩として、リラックスの仕方を練習して覚えよう