「世界三大テノール」と呼ばれた三人がいました。

それは、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、そして、ルチアーノ・パヴァロッティです。

どの歌声も素晴らしいんですが、私は、このなかでは、パヴァロッティが好きです。

彼は、オペラの歌声もいいですが、イタリア民謡、つまり、カンツォーネがとても素晴らしい。

その中では、やはり、オー・ソーレ・ミオ、帰れソレントへ、なんかがいいですねえ。

 

 

[amazonjs asin=”B001RVITKE” locale=”JP” title=”オ・ソレ・ミオ~イタリア民謡集”]