clock

年末年始こそ、大きく差がつく時期

 年末年始、世間は浮かれて楽しんでるのに、なんで自分は勉強しなきゃならないんだ!なんて思ってますか?思っていたら、気持ちの面で、他の受験生に大きく差をつけられていますよ!あなたは、来年大学生になりたいんですよね?だったら、いつ勉強するんですか?今でしょ?!テイジン先生ひどいよ!そんなこと言われても、モチベーションが上がらないよ!というあなたは、合格のために最も大切なことや、モチベーションを維持するには、あるいは、管理人の合格体験記をもう一度読んでみてください。

年末年始に受験生がしてはいけないこと

 それは、勉強しないことです。そんなのわかってますよね。しかし、家族や親せき、それから、地元や学校の友達、そんな人たちが、さかんに、「年末年始くらい休め」とか言ってきませんか?それは、大きな間違いです。大きな誘惑です。初詣に行ったり、紅白を観るくらいなら、もちろんいいですが、それでちゃんと勉強に戻って来られるようにしてください。

どうしたらきちんと勉強できるか

 でも、ついズルズルテレビを観てしまったり、初詣の帰りにカラオケ行っちゃったり・・・、ってことないですか?そうならないためには、勉強のスケジュールをきちんと決めることです。特に、タイムスケジュールを作るのがよいでしょう。つまり、元旦は、10時から午後2時までは、初詣に行って午後2時までにきちんと帰ってきて、午後2時から政経のセンター過去問を2年分解く、とか決めておくのです。年末年始の分を全部一度に作る必要はありませんよ。家族や友人の予定を聞いて、前日寝る前までに翌日分を作ってもかまいません。そして、誰が何と言おうが、絶対にタイムスケジュール通りに生活してください!これだけは、家族や友人にも配慮してもらいましょう!配慮してくれない家族や友人と一緒に行動するのは止めましょう!いいですか?今日ぐらいいいだろうとか、軽い気持ちで、自分の立てたタイムスケジュールを破らないことです。いままでの経験では、お正月軽い気持ちで過ごして、第1志望に合格した人はひとりもいませんよ!これを守らなければ、初詣に行っても神様に味方してもらえることは絶対にありません!

何を重要視して勉強するか

 この時期オススメは、応用問題と言うよりは基本問題です。一問一答集などを持ち歩きましょう!こま切れの時間をうまく利用してください。こま切れの時間とは、電車や人を待っている時間のことです。机の上でやるなら、センター過去問や実力問題集を制限時間内で解く練習をしましょう!センター問題の勉強の仕方も読んでください。

 

今日のまとめ

・世間が浮かれていても、あなたのお正月は3月です。今は勉強する時です。

・人に流されずに勉強するには、タイムスケジュールをきちんと作って行動しよう

・予め立てた計画は、何があっても必ず守ろう、神様はそういう人の味方をしてくれる

・こま切れの時間をうまく使えるように、簡単な勉強道具を持ち歩こう

・机の上では、センター問題などを時間を決めて解こう!