センター試験が近づいてきましたね。今日は直前のこの時期に何をすべきかをお話しましょう。

それは、基本事項の徹底復習とセンター問題を解く訓練、に尽きます。

基本事項の徹底復習

 基本事項の復習は、やはり、一問一答がいいと思います。もう何度も復習して使い慣れている一問一答集だと思いますが、自分の弱点を徹底的に攻略しましょう。過去問や模試を解いて、その都度一問一答集を参照し、間違った問題の該当箇所や苦手な箇所には、たくさん印がついていますよね。印がたくさん付いているところがあなたの弱点です。時間がないなら、まずそこを徹底的に復習しましょう。ある程度時間に余裕がある人は、最初から最後まで、ひと通り一問一答をやりましょう。特にマイナーな分野、労働問題、社会保障、農業のようなところはぜひ、ひと通りやってみましょう。

センター問題を解く訓練(マークシートを書く訓練)

 センター試験の過去問を1〜2週間前から1日に1年分、6〜8年分くらい解きましょう。時間を決めて、本番のように解くとよいでしょう。すでに何度か解いてしまって答を覚えてしまった人も、センター試験独特の問題の流れを感じ取るために一応解いてみてください。その時大切なのは、マークシートを書く訓練をしましょう。問題集や過去問集にマークシートが付いているでしょう?それに記入してください。おすすめは、問題を解くごとにマークする方法です。マークシートを折ったり、汚したりしないように練習しましょう。初めて解くかたは、復習をきちんとしましょう。復習の仕方は、センター問題の勉強の仕方を御覧ください。