The National Diet Building of Japan

今日は、政治分野の選挙の場面で問題になる、ドント式による当選者の決定方法について勉強しましょう。

ドント式による当選者の決定方法は、現在、衆議院議員選挙における比例代表区と、参議院議員選挙の比例代表制で用いられています。

ドント式とは、各政党の得票数を整数の1、2,3,…で割り、その商の大きい順に当選者を割り振る方法ですね。

実際に問題を見てみましょう。

問題

選挙において、ドント式で当選議席数を決定するものとします。A党の得票数は1000万票、B党の得票数は800万票、C党の得票数は500万票、D党の得票数は300万票で、この選挙区の定員が6名であった場合、各党の当選議席数を、答えてください。

 

ドント式で、計算すると以下のようになります。

赤い字で書いてある数字が当選です。
したがって、A党は3人、B党は2人、C党は1人、D党は0人です。

みなさんが、よくやる間違いは、2で割った後に、その商をさらに3で割ったりすることです。注意して欲しいのは、必ず、もとの得票数を3で割ることです。2で割った商を3で割るのは間違いです。

 

もう一問やりましょう。今度は、惜敗率の計算です。

惜敗率とは、文字通り惜しくも敗れた百分率です。つまり、負けた候補が、同じ小選挙区で当選した候補の得票数の何%を得票したか、を求めるものです。衆議院議員選挙の場合、小選挙区と比例代表区の両方に立候補すること(重複立候補)が一般的で、名簿の順番が同じ場合は、この惜敗率の高い順に当選を決めますから、とても重要です。

 問題

 ある小選挙区で、当選者の得票数が9000票であった場合、8000票を獲得した次点候補の惜敗率は、何%ですか?

 

計算の仕方は単純です。

次点候補の得票数÷当選者の得票数×100=惜敗率 です。

8000÷9000×100≒89(%)

したがって、約89% が答です。