弦楽四重奏曲が続きます。

前回ラヴェルをご紹介しましたので、今回は、フォーレです。

フォーレは、ラヴェルの先生で、フランス近代音楽の巨頭です。

このフォーレの弦楽四重奏曲ですが、これを聴くと、

ラヴェルがとても影響を受けていたことがよくわかります。

スポーツカーのモデルチェンジみたいに、ラヴェルの前のモデルが

このフォーレのモデルなんだな、と僕みたいな素人でもよくわかります。

これもとっても落ち着く、いい曲だと思います。