http://youtu.be/N8Mhji_lgCQ

まだ時差ボケが治りません。

ウィーンのコンチェルトハウスというホールで、
地元ウィーンのセミプロオーケストラによる、
マーラーの交響曲第2番復活を聴きました。

このオーケストラは、弁護士やお医者さん、プロの音楽家など
が集まったオーケストラで、さすがプロのオケというわけには
いかないけれども、日本のアマチュアよりははるかに上手でした。

この曲は、全部で1時間を超える大作で、合唱も独唱もあるので、
これを上手にやるのはプロでも難しいのに、みんな楽しそうに
よくやっていました。

ウィーンは音楽の都、そして、訪れたのは、ちょうど「芸術週間」
というお祭りの時でしたので、さまざまなコンサートがいろんなところで
行われていて、とても華やかな雰囲気がありました。