(1).社会の進展とともに、憲法に規定されていない人権が必要となった。この種の人権を総称してなんと言う?

答:新しい人権

(2).新しい人権の、包括的な根拠条文は憲法何条?

答:憲法13条の幸福追求権

(3).人間らしい生活状況を求める権利をなんと言う?

答:環境権

(4).環境権は、どんな権利を含んでいる?

答:日照権、眺望権、通風権など

(5).環境権が主張された判例を2つ挙げてみて?

答:大阪空港騒音訴訟、名古屋新幹線訴訟

(6).最高裁は環境権を正式に認めている?

答:認めていない(最高裁は、人格権を基礎に損害賠償を認めている)

(7).1993年の環境基本法に、「環境権」という言葉は入ってる?

答:入っていない

(8).大阪空港騒音訴訟では、原告は、何に基づいて夜間離着陸の差し止めを訴えた?

答:環境権

(9).これに対し、最高裁はどんな理由でこの請求を退けた?

答:私人が、公法である憲法上の権利をもって、民間航空会社を訴えることは出来ない

(10).この訴訟で、過去の精神的苦痛に対する損害賠償請求は、何を根拠に認めた?

答:人格権侵害を理由に認めた(環境権侵害ではない)

(11).環境権の憲法上の根拠条文は何?2つあげてみて?

答:13条、25条