(1).日本人の行動様式のうちで、非日常的な聖の部分をなんという?
                       ↓
答:ハレ

(2).日本人の行動様式のうちで、日常的な俗の部分をなんという?
                       ↓
答:ケ

(3).生活のリズムとしては年中行事があるが、人生のリズムとしては、何があるか?
                       ↓
答:通過儀礼(イニシエーション)

(4).稲作農耕カレンダーに対応した年中行事とは何?
                       ↓
答:祭り

(5).日本の基層文化にある神についての考え方とは?
                       ↓
答:八百万の神という複数の神を認める考え

(6).ここから、日本文化には、どんな宗教的習俗が共存している?
                       ↓
答:仏教、儒教、キリスト教

(7).人生の節目を祝い、同時に自覚を高める儀式をなんと言う?
                       ↓
答:通過儀礼(イニシエーション)

(8).通過儀礼の例を3つあげてみて
                       ↓
答:出生儀礼(宮参りなど)、生育儀礼(七五三など)、葬送儀礼(葬式)

(9).和辻哲郎は、人間についてどんな存在だと捉えていた?
                       ↓
答:間柄的存在

(10).日本の農村社会にみられた家どうしの恊働のあり方を2つ答えて?
                       ↓
答:恩義に報いるための奉仕として行う上下身分的なもの、
各家が平等に労力や財を出し合って行う「結」とよばれるもの

日本人の考え方の特徴

(1).聖徳太子が十七条の憲法で強調した、調和の精神を為政者の倫理として導入した仏教的・儒教的影響を
受けた言葉を言ってみて?
                       ↓
答:「和を以て貴しと為す」

(2).念仏を真剣に唱えれば仏の慈悲によって救われるという考え方をなんと言う?
                       ↓
答:他力本願

(3).本気で念仏を唱える悪人が救われない訳がないという考え方をなんと言う?
                       ↓
答:悪人正機説

(4).悪人正機説は、何宗の誰が主張したもの?
                       ↓
答:浄土真宗の親鸞

(5).昔の日本人は、どんな心を重視した?3つ挙げてみて?
                       ↓
答:わび、さび、もののあわれ

(6).この古代日本人の純粋な心をなんという?
                       ↓
答:清明心

(7).清明心への回帰を主張し、国学を開いた人は誰?
                       ↓
答:本居宣長

(8).中世の美意識である「わび」などの茶道の美を大成させたのは誰?
                       ↓
答:千利休

(9).「幽玄」「花」などの能楽の美を確立したのは誰?
                       ↓
答:世阿弥

(10).タテ社会を重視し、武家社会の上下関係を基礎づける江戸幕府の官学となったのは
誰のなんと言う学問?
                       ↓
答:林羅山の朱子学

(11).朱子学は、孔子の儒学思想を導入し、内面の何と外面の何を重視した?
                       ↓
答:内面の「敬」と、外面の「礼」

(12).陽明学を唱えたのは誰?
                       ↓
答:中江藤樹

(13).中江藤樹は朱子学を批判し、身分平等観に立って、何を、「仁」の本質とした?2つ言ってみて?
                       ↓
答:親子間の親愛の情である「孝」、兄弟姉妹間の親愛の情である「悌」

(14).石田梅岩の開いた学問をなんと言う?
                       ↓
答:石門心学

(15).貨幣を稼ぐことは卑しいという考えをなんと言う?
                       ↓
答:賎貨思想

(16).石田梅岩はこの賎貨思想についてはどう考えていた?
                       ↓
答:賎貨思想を否定し、勤勉の対価としての貨幣と商業を正当化した。

(17).佐久間象山が主張した、東洋思想と西洋芸術の融合をなんという?
                       ↓
答:和魂洋才

(18).解体新書を著し、近代西洋医学の基礎を築いた人を2人言ってみて?
                       ↓
答:前野良沢、杉田玄白