(1).日本の労働運動の原点とも言える、高野房太郎、片山潜らによる1897年の組織は何?

答:労働組合期成会

(2).労働組合期成会の指導のもとに1897年に結成された日本で初めての労働組合は何?

答:鉄工組合

(3).その後、労働組合期成会の指導のもとに98年、99年に結成された労働組合にはどんなものがある?2つ言ってみて?

答:日本鉄道矯正会、活版工組合

 

(4).1900年、集会・結社の自由を制限した法律が成立し、これによって労働運動は取り締まられるがそれは何?

答:治安警察法

(5).1911年、日本初の労働者保護立法が行われたが、それは何?

答:工場法

(6).工場法の適用があるのは、常時就業している労働者何名以上の工場?

答:15名以上(1923年の改正で、常時10名以上)

(7).工場法の定める就業最低年齢は制定時は12歳以上であったが、1923年の改正では、どうなった?

答:14歳以上で、これは、常時10名未満の工場にも適用された

(8).工場法では、労働時間の制限は規定されていた?

答:規定されていた(1日12時間を越える就業、深夜業、危険・有害な作業への就業の禁止)

(9).工場法では、労働災害や業務上の疾病に対してはどのような規定があった?

答:本人や遺族に対する扶助の規定があった