(1).アメリカのレーガン大統領がドル高政策を行ったが、どんな政策?

答:高金利政策

(2).高金利政策をとるとどうしてドル高になるの?

答:アメリカが高金利となると、預金のために円を売ってドルを買う動きが強くなり
ドル高になる

(3).レーガン大統領の経済政策は何と呼ばれた?

答:レーガノミックス

(4).ドル高によって日米貿易摩擦が発生したが、その経緯を説明してみて?

答:ドル高円安となり、日本商品に対するドル支払額が減少、
商品の価格が安くなるので、日本からの輸出が有利となり集中豪雨的輸出が発生した

(5).不況の中で輸出傾向が強まることを何という?

答:輸出ドライブ

(6).1960年代から80年代までの日米貿易摩擦の発生時期と品目を言ってみて?

答:1960年代は「繊維」、1970年代は、「鉄鋼・カラーテレビ・工作機械」、
1980年代は、「自動車・半導体」

(7).1985年9月、G5による会合が開かれたが、G5とは何?

答:先進五か国財務担当大臣・中央銀行総裁会議

(8).G5に参加した国を言って?

答:アメリカ、イギリス、フランス、西ドイツ、日本

(9).このG5による合意を何という?

答:プラザ合意

(10).プラザ合意の内容は何?

答:日本からの輸出を不利にするため、G5が為替市場に協調介入し
ドル安円高に為替レートを誘導していくことを合意した。

(11).プラザ合意後、1986年11月に底をついた日本の経済状況を何という?

答:円高不況

(12).プラザ合意により円高は何倍になった?

答:約2倍

(13).行き過ぎた円高ドル安を是正するために、1987年2月、G7が円高阻止の協調介入
を決定したが、これを何という?

答:ルーブル合意