(1).1961年の農業基本法の目的を言ってみて?

答:農業の近代化・機械化・合理化、自立経営農家の育成

(2).農業基本法に則った農政を何という?

答:基本法農政

(3).基本法農政において、より生産性・収益性の高い農作物の生産に転換することを
目標としたものを何という?

答:生産の選択的拡大

(4).1968年に決定した総合農政の内容は何?

答:過剰米による食糧管理特別会計の赤字を軽減させるため、1970年からコメの生産調整

(5).1970年からの生産調整のため実施されたのは何?

答:減反政策

(6).1980年代の農政の目的は何?2つ言ってみて?

答:農産物の市場開放、国内自給率の確保

(7).日米農産物交渉によって1991年から輸入自由化が実現した農産物を2つ言ってみて?

答:牛肉・オレンジ

(8).コメの輸入自由化に反対する立場が根拠としている、食糧安全保障論とは何?

答:食糧については、外交、安全保障政策上、自国内で自給することが必要であると
いう考え

(9).1999年、農業基本法を改正して出来た法律は何?

答:食料・農業・農村基本法

(10).食料・農業・農村基本法で目標としていることは何?2つ言ってみて?

答:食糧自給率目標などの基本計画の策定、農業経営法人化推進