(1).1942年~95年までコメは政府の統制下に置かれていたが、その制度を何という?

答:食糧管理制度

(2).その根拠となった法律は何?

答:食糧管理法

(3).政府が農家から買い上げるコメの価格を何という?

答:生産者米価

(4).政府が消費者に売るコメの価格を何という?

答:消費者米価

(5).生産者米価が高く、消費者米価が安いという現象が起きたが、これを何という?

答:逆ザヤ

(6).この結果赤字に転落したのは何?

答:食糧管理特別会計

(7).食糧管理特別会計の赤字を解消するために政府がとった方策を説明してみて?

答:総合農政によって、減反政策を行うとともに、農家が直接流通に乗せ
政府が買い上げないコメを認めた。

(8).この政府が買い上げないコメを何という?

答:自主流通米

 

(9).食糧管理法は何故1995年に廃止されたの?

答:コメの輸入自由化に備えて、国際競争力のある国産米を育成するため、国内の
コメの生産・流通・販売の規制緩和の必要があったから

(10).1995年11月、旧食糧管理法に替えて新たに制定された法律の正式名称は何?

答:主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(主要食糧需給価格安定法)

(11).新食糧法(主要食糧需給価格安定法)の内容を3つ言ってみて?

答:集荷・小売などの流通を許可制から認可制に緩和し自由化する、
計画流通米のうち自主流通米を流通の基本とする、
かつてのヤミ米(自由米)は計画外流通米として事実上認められた