(1).貨幣の商品の価値を測定する機能を何という?
                 ↓
答:価値尺度

(2).商品を交換する媒体としての機能は何?
                 ↓
答:交換手段

(3).債務を決済する機能は何?
                 ↓
答:支払い手段

(4).財産として蓄える機能は何?
                 ↓
答:価値貯蔵手段

(5).国際取引を決済する機能は何?
                 ↓
答:世界貨幣

(6).金本位制とは何?
                 ↓
答:政府が保有する金の量をもとに通貨発行量を決め、正貨(金)と交換できる銀行券(兌換銀行券)を流通させてる制度のこと。

(7).政府の金と兌換紙幣との交換比率のことを何という?
                 ↓
答:金平価

(8).金本位制の長所を言ってみて?
                 ↓
答:通貨量が安定するため通貨価値が安定し、物価も安定する点。

(9).金本位制の短所は何?
                 ↓
答:景気対策として柔軟な通貨量調節が難しい

(10).金本位制の下で、金の流出入により国際収支はどうなる?
                 ↓
答:自動的に均衡する

(11).金本位制の下で金の流出入により国際収支が自動的に均衡する結果、国内物価はどうなる?
                 ↓
答:ほぼ自動的に安定する(通貨発行量が金の流出入量によって均衡するから)

(12).世界で最初に金本位制を導入したのはどこ?
                 ↓
答:イギリス(1816年)

(13).管理通貨制とは何?
                 ↓
答:政府が金の保有量とは無関係に政策判断によって自由に通貨を発行できる制度のこと。

(14).管理通貨制の下では、一定の交換比率で金と通貨は交換できる?
                 ↓
答:できない(不換紙幣)

(15).世界各国が金本位制から管理通貨制に移行した歴史上の原因は何?
                 ↓
答:世界大恐慌(1929)

(16).管理通貨制の長所は何?
                 ↓
答:ただちに通貨増発できるので不況対策をしやすい

(17).管理通貨制の短所は何?
                 ↓
答:通貨増発が行われやすく、インフレが発生しやすい

(18).日本はいつ金本位制になった?
                 ↓
答:1897年(日清戦争の賠償金をもとにした)

(19).日本はいつ本格的に管理通貨制になった?
                 ↓
答:1931年(犬養内閣の金輸出再禁止のあと)