(1).1990年以降、銀行は必要な自己資本比率を確保するためにある行動をとりそのために中小企業の倒産が増加した。
そのある行動とは何?
                        ↓
答:貸し渋り

(2).BISとは何?
                        ↓
答:国際決済銀行

(3).銀行経営の健全性の為にもうけられているBIS規制は、国際業務を行う銀行に対して自己資本比率を何パーセント以上
維持しなければならないとしている?
                        ↓
答:8パーセント以上

(4).1998年、金融機関の検査を強化し、その経営破綻を早期に予防するために、旧大蔵省から分離して設置された機関とは何?
                        ↓
答:金融監督庁

(5).金融監督庁は、2001年からなんという組織に改められた?
                        ↓
答:金融庁

(6).破綻した金融機関を処理するために作られた法律とは何?
                        ↓
答:金融再生関連法(金融機能再生緊急措置法など)

(7).破たん前の金融機関を救済するためにつくられた法律とはなに?
                        ↓
答:金融機能早期健全化緊急措置法

(8).かつて銀行の破たん処理や金融危機管理の調査・企画・立案を担当していた委員会は何?
                        ↓
答:金融再生委員会

(9).金融再生員会はどうなった?
                        ↓
答:2001年1月、金融庁に移管された

破たんした金融機関の債権を回収する組織とは何?
                        ↓
答:整理回収機構

(10).破たんした金融機関は、一時的に国営銀行化(国有化)されることになるが、その銀行をなんという?
                        ↓
答:特別公的管理銀行

(11).破たんした金融機関が受け皿銀行を探すまでの「つなぎ役」になる銀行を一般的に何という?
                        ↓
答:ブリッジ・バンク(つなぎ銀行)

(12).バブル崩壊で回収が困難になった貸付金をなんという?
                        ↓
答:不良債権

(13).都市銀行して初めて破たんしたのはどこ?
                        ↓
答:北海道拓殖銀行(拓銀)

(14).65年に破たんして今回2度目の破たんとなった大手証券会社はどこ?
                        ↓
答:山一證券

(15).金融再生関連法に基づいて特別公的管理銀行になったのはどこ?2つ言って?
                        ↓
答:日本長期信用銀行(長銀)、日本債券信用銀行(日債銀)

(16).2003年4月、大和銀行と合併したのはどこ?
                        ↓
答:あさひ銀行

(17).大和銀行とあさひ銀行は合併して何になった?
                        ↓
答:りそな銀行

(18).2003年6月、りそな銀行が事実上の経営破たん状態になった時、金融再生法は期限切れになって失効していた。どうやって救済した?
                        ↓
答:恒久法化された預金保険法第102条に基づいて約2兆円の公的資金の注入が行われた

(19).2003年11月に債務超過となり事実上の経営破たんとなったのはどこ?
                        ↓
答:足利銀行

(20).金融機関の破たんに対し預金者の預金を一定額保護することを目的とした制度を一般に何という?
                        ↓
答:ペイオフ

(21).ペイオフで保護される金額の上限はいくら?
                        ↓
答:元本1000万円とその利子

(22).2002年9月、小泉内閣改造により更迭された金融担当大臣は誰?
                        ↓
答:柳沢伯夫(やなぎさわはくお)

(23).なぜ更迭されたの?
                        ↓
答:不良債権処理に公的資金注入に消極的だったから

(24).逆に、公的資金注入に積極的だった大臣が金融担当大臣を兼務したが、それは誰?
                        ↓
答:竹中平蔵経済財政担当大臣

(25).公的資金注入を実施するために2003年に一時見送られたのは何?
                        ↓
答:ペイオフ全面解禁(流動性預金については当面全額保護することが決定された)

(26).なぜ見送られたの?
                        ↓
答:公的資金注入をする金融機関は破たん寸前であることが国民に明らかになるので、ペイオフを解禁してしまうと、預金は保護されないから、当該銀行からの預金流出により事実上の倒産になってしまう危険性があったから。

(27).いつ、ペイオフは全面解禁になった?
                        ↓
答:2005年4月から